がまんできない人のための 真の忍耐力養成ドリル

著者 :
  • 技術評論社
3.36
  • (3)
  • (13)
  • (12)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 153
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774147802

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • PDF
    忍耐力

  • 「新しい本を買うことは時間と労力の無駄であり、実は学習からの逃避である」というのは耳が痛い言葉でした、1冊の本をしっかり読みこむことが大切、その通りです。

  • 忍耐力。僕が欲しい力。

  •  ムダにツイッターを見てる時間が多すぎる、と感じてました。他の人もそうなのか、とちょっと安心しました。

  • 「忍耐力」という言葉を借りた仕事術みたいな感じ。
    射精したいのを我慢するみたいな忍耐について書かれているのかと思っていただけに...。

  • 口にしてはならないフレーズが印象的。

  • ためになることも幾つかありました。

  • 第3章の口にしてはならないフレーズだけでも読んでみて欲しい

    39フレーズ これらの言葉を一言も発せず生活できる人はいないだろう
    まさしく忍耐力の修行だと思う

  • 忍耐という一見古くさい考え方を、合理的な思考で時には必要と思わせてくれる本でした。

  • 【リード】
    勉強にしろ、ダイエットにしろ、結局忍耐強く王道を続けていくのが一番の近道。
    ただし、無駄な忍耐はするな。

    【内容】
    ○忍耐には、意味のある忍耐と無駄な忍耐がある
    - 何となくつらいことをしていると、それが役に立つような気がするが、ただの無駄。
    ○遅刻をすることより相手を軽く見ている行為はない
    ○コミュニケーションにおける問題の多くは話し過ぎ
    ○メールの宛先をいたずらに増やすな
    ○曖昧にする必要のない情報を曖昧にするな
    ○頭が良くなる唯一の方法は「勉強」
    ○王道から外れると王道に戻るまでの時間を無駄にする
    ○自慢話・苦労話は嫌われる
    ○口にしてはならないフレーズ

    【コメント】
    すべてとりあえず「忍耐」に絡めてるが、基本的には仕事をするにあたっての大事な心がまえを紹介している。
    本の中ではおまけ扱いになっているが、『口にしてはならないフレーズ』が結構独特で面白い。
    例えば、『ありがとう!』が入っていたりするのは驚いた。

全18件中 1 - 10件を表示

ココロ社の作品

がまんできない人のための 真の忍耐力養成ドリルを本棚に登録しているひと

ツイートする