ねじ・機械要素が一番わかる (しくみ図解)

制作 : 大磯義和 
  • 技術評論社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774147833

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • プーリ ベルト ATM ベルトコンベア チェーン 回転鮨 ピン コッタ カム 歯車 リード ピッチ 有効径 βリード角 平歯車 スプライン バックラッシュ クリアランス ドグ アタッチメント プレート
    ギア【gear】歯車。また、歯車を組み合わせた動力伝動装置。ギヤ。「変速―」
    ウオーム歯車《wormはミミズのような虫の意》螺旋(らせん)状の歯形を切った円筒歯車ウオームと、それにかみ合う円盤歯車からなる装置。同一平面にない二つの軸が互いに直角である場合に用い、ウオームから回転を伝える。ウオームギア。
    モーター 伝動軸
    クランク【crank】1 ピストンなどの往復運動を回転運動に変える目的で、またはその逆の目的で使われる装置。自転車の前ギアとペダルとをつなぐ腕など。2 無声映画時代、手動式映画カメラについていた取っ手。また、これを手回しで撮影したことから、映画を撮影すること。

  • 「ねじ」がほとんどの説明で、カムや歯車などの機械要素は少しだけだった。機械科の「機構学」に所属すると思うのだがねじだけに絞るのか、それとも機構学全体を押さえるのかちょっと中途半端だと思った。

    ねじに関しては、基礎知識、分類、製造、利用用途に分かれて解説していた。

    機械要素は、動力伝達要素(軸、軸継手)、動力手伝達要素(歯車、カム)、動力伝達要素(ベルト・チェーン)、動力制御要素(ばね)、流体伝達要素(管、管継手、バルブ)、潤滑要素(軸受、(ベアリング))となっている。

  • 和図書 531.4/N62
    資料ID 2011102485

  • 【新刊情報】ねじ・機械要素が一番わかる http://bit.ly/pEgRNt 531.4/オ 結合要素としてのねじを中心に、動力伝達要素としての軸・軸継手、歯車・カム、ベルト・チェーン、動力制御要素としてのばねなどについて、その仕組みを解説

全4件中 1 - 4件を表示

ねじ・機械要素が一番わかる (しくみ図解)のその他の作品

ねじ・機械要素が一番わかる Kindle版 ねじ・機械要素が一番わかる 大磯義和、井上関次、小岩井隆

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする