サーバ構築の実際がわかる Apache[実践]運用/管理 (Software Design plus)

著者 :
  • 技術評論社
3.68
  • (4)
  • (14)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 200
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774150369

作品紹介・あらすじ

Webサーバのデファクトスタンダードである「Apache HTTP Server」について、インストールや設定例、応用事例を取りまとめ、すぐに使えるよう、その仕組みや作業手順を解説した。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Apacheをそれなりに運用したことがある方が、ちゃんと学ぼうと思った時に、読むのがいいかなと思います。いきなりこの本だときつい気がします。ちゃんと運用されている方々にとっては周知のことが書いてあるかも…

  • だいたいの設定や管理、運用系の話は入っていそうでした。
    触れる機会が多いなら、一冊持っていても良いだろうなと思いました。

  • 一通りサーッと読んだ後はリファレンス的に使うのがよいと思います。
    Apacheに馴染みのない人には難しいかもしれません。

  • 【配架場所】 2F 図書館アルバイト学生おすすめ図書 
    【請求記号】 547.48||TS
    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=173363

  • apacheの主要な機能について、実践含めまとめられていたので、自前のサーバーをAWS等で立てて実験しようと思う。

    ラウンドロビン方式=順番にアクセスを割り振る
    この方式がどう違うのかを知れたので負荷分散を知る上では重要でした。

    apacheのこれまでの全体像は興味深かった。
    nginxの方も購入して一読したい

  • どこのシステムでも導入されている大定番で、いろいろ便利な機能はあるが、意外とシンプルに使われているイメージがある。自分も圧縮転送の必要に迫られていろいろ知ることができた。

  • とても眠くなりながら、最低限の設定を得ることができた。
    初歩の人が最初に読むと寝るだろう。

  • ・小難しい。
    ・けど、一通りの機能をさらって全体感はつかめる。バージョンの違い含めて。
    ・できるシリーズのアパッチも読んでみたい

  • apacheの設定ファイルは最初の最初にwebアプリを分けもわからず作ってとりあえず公開してみようと四苦八苦してやっていた時だったかな。
    その時にとりあえず見ない振りをしていたapacheのモジュール群の記述や適当に設定していた設定項目が詳細に解りやすく書いてあったのでようやっと理解する事が出来た。
    設定項目が多いしモジュールの数も豊富なので極めると凄い事になりそうだな、apacheは。

  • Apacheでサーバーを構築するにあたって基本となる設定や、やっておくべき設定など、いろいろなノウハウが満載。Apache使ってサイト構築・管理・運用する時に最初に読むといい本だとおもう。

全12件中 1 - 10件を表示

鶴長鎮一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
濱野 純(Jun...
有効な右矢印 無効な右矢印

サーバ構築の実際がわかる Apache[実践]運用/管理 (Software Design plus)を本棚に登録しているひと

ツイートする