Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)

著者 :
  • 技術評論社
3.33
  • (9)
  • (20)
  • (26)
  • (8)
  • (4)
本棚登録 : 272
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774151502

作品紹介・あらすじ

アイデアは一日にしてならず。よいアイデアは、様々な思いつき、メモ、気になったフレーズ、各種データなどがほどよく蓄積された「アイデアの地層」から生まれる。そのアイデア地層のつくり方を、ノート・メモ帳を中心としたアナログツールと、Evernoteを中心としたデジタルツール(iPhone、iPad、PC環境)の合わせ技で紹介。古今東西の発想術のポイントをふまえ、デジタルもアナログも駆使して「いいとこどり」するハイブリッド発想術にして、最新版「アイデアの教科書」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 倉下忠憲さん『Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術』読了。

    KJ法などの歴史ある方法や、
    マインドマップなどの新しい手法も踏まえながら、
    アナログとデジタルを交えた現代的な発想術が紹介されていました。

    実は1年半ぐらい前から、何度かEvernoteの使用を
    挑戦しかけたことがあったのですが、どれも長続きしませんでした。

    しかし、この本を読んだ跡、
    触発されて、今週から本格的に手を付け始めた
    ある仕事にEvernoteを試しに活用している最中です。
    資料集め → 読解 → 文章作成 → 資料集め → 読解 → 文章作成・・・
    ということを繰り返しております。
    この作業にEvernoteを使うと、
    思考の流れが止まらずにスムーズに進むことが分かってきました。

    一つのテーマについてノートブックを作り、
    集めた資料をPDFにしてノートに張り付け、
    資料から得られたメモを同じノートに書き込み、
    メモが溜まってきたら
    そのテーマについての文章を一気に書き上げる。
    これが終わると、新しいノートブックを作り、
    同じ作業を繰り返す・・・ということをやっています。

    私はクラウドにいちいち保存するのが苦手でして、
    作業の途中からついついローカルに保存してしまいがちでした。
    今、やっている仕事については、
    少し頑張って続けてみようと思います。

    倉下忠憲さんが執筆に際して意図されたことからは
    外れた活用法になっているかもしれませんが、
    この本を読んだおかげで、Evernoteを使ってみる気持ちになりました。

    --------------------
    アイデアは一日にしてならず。よいアイデアは,様々な思いつき,メモ,気になったフレーズ,各種データなどがほどよく蓄積された「アイデアの地層」から生まれる。そのアイデア地層のつくり方を,ノート・メモ帳を中心としたアナログツールと,Evernoteを中心としたデジタルツール(iPhone,iPad,PC環境)の合わせ技で紹介。古今東西の発想術のポイントをふまえ,デジタルもアナログも駆使して「いいとこどり」するハイブリッド発想術にして,最新版「アイデアの教科書」。
    --------------------

    • だいさん
      レビューですが、
      すごく分かりやすく、
      試しに使ってみようと思い、
      前向きに活用続けよう、
      って感じになりますね!
      とても、いいと...
      レビューですが、
      すごく分かりやすく、
      試しに使ってみようと思い、
      前向きに活用続けよう、
      って感じになりますね!
      とても、いいと思いました。
      2013/11/06
  • 仕事をしていると
    なにかいいアイデアがないかな...
    と思うことがあります。

    でも、普段なにもせず、
    必要な時だけ、都合よく
    アイデアが出ることはありません。


    本日ご紹介する本は、

    いざというとき、よいアイデアがでるように
    アイデアの育て方を紹介した1冊。


    ポイントは
    「土壌と種」

    本書では、アイデアを育てる環境を
    ”アイデア畑”と畑に例えています。

    そして、必要な時にアイデアがでるようになるための要素は、
     ①種をたくさん見つける
     ②土壌を豊に保つ
     ③きっちり実を収穫する

    ということを、日頃からコツコツ
    やっていることが重要です。


    「種をたくさん見つける」

    1回限りの種を見つけようとするのではなく、
    いろんな種を集める習慣が必要です。

    何の役に立つか、そのときは解らなくても
    種の質は無視して、
    まずは、数を集めることに注力します。



    「土壌を豊に保つ」

    いかに連想を広げるかが、
    アイデアの種を育てる上で必要です。

    そして、連想というのは、
    自分に蓄積されている知識や情報を
    引っ張りだすこと。

    自分にないものは、連想すらできません。

    種をどれだけメモにストックし
    どれだけいろんな経験をしてきたかが重要です。



    「きっちり実を収穫する」

    アイデアを生み出すプロセスは
    ①とにかく自由にアイデアを出すプロセス
    ②出たアイデアが現実適応できるか判断するプロセス
    の2つを明確に分けて行うこと。

    発想の段階で、実現可能性を考えてしまうと
    はじめから妥協の考えしか出てきません。


    ぜひ、読んでみてください。



    ◆本から得た気づき◆
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    アイデアを生み出すためには、手間と時間が必要である
    アイデア畑=畑と種がメイン、それをうまく行えるようにするのがツール
    1回限りの種を見つようとするのではなく、種を集める習慣が必要
    取ったメモを見返さないのは、メモを取らなかったのと同じ
    とにかく数を出す=質を求めると判断が入ってしまう
    相手にアイデアを理解してもらうには、伝わりやすいようにアイデアを整理すること
    種を植えてみなければ、作物ので出来映えについてどうこう言うことはできない
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆目次◆
    はじめに All You Need Is Idea!?
    01 良いアイデアは良い「畑」から生まれる
    02 アイデアの種を見つけるメモ術のバリエーション
    03 アイデアの種を大きく育てる連想ノート術
    04 アイデアの実を収穫するセンスを磨く
    05 Evernoteによるアイデア地層のつくり方
    06 ハイブリッド考具としてのiPad活用法
    おわりに 誰にでもアイデアの「地力」がある
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆マインドマップ◆
    http://image02w.seesaawiki.jp/f/2/fujiit0202/cf8e875a02c4c77f.png
     

  • 面白かった。

    アイデアを出せる人って、やっぱりこういう種まきをちゃんとしてるヒトなんだよね。

    というわけで、もう一度改めて読み直したい。こういう基本的なこと、大事なのについわすれちゃうので。

  • Evernote の活用にもう少し期待していたが。

  • Evernoteとアナログノートによるハイブリッド発想術というタイトルから、てっきりEvernoteを生かしてアイデアを発想する方法を教えてくれる本かと思いきや、Evernoteに関しては終盤で少し触れている程度。他の章は、アイデアというものを生み出すことについて、詳しく解説するようで、結局作者が読み手に何を伝えたいのかがよく分かりませんでした。

    ページが多い割に具体性もなく、中身が薄いと感じました。Evernoteの解説書でもありませんし、アイデアを生み出す解説書でもありません。この本を読むことで、アイデアを生み出すことのスキルがあるということを認識し、それに取り組むきっかけにしてもらう本かと思います。

  • とりあえず、使いやすいメモ帳を買っとこう。色々なヒントが詰まった本で、アプリの使い方がメインではないから、時間が経っても色褪せなさそう。また読み返そう。

  • 発想術とあるが、メモ術の本。
    同じことを延々繰り返して、同じ図を何ページも使って本にしている。
    駄作。

  • テーマが定まらず、術というわりに具体例も少なく漠然とした理論だけが目立ち、「役にたつ」本ではありませんでした。ハイブリッドなりのメリットも特に感じられません。

  • 1

  • 筆者はEvernote関連の書籍をいくつか執筆されているが、ツールの使い方、というよりも、「なんの為に使うか」という部分に主眼を置いて書かれていて、印象的だった。

    この本は、特にその姿勢を鮮明にしていて、Evernoteに関する記述はほとんどおまけ的なあつかい。

    発想のプロセスを
    (1)収集(キャッチ)
    (2)拡張(連想)
    (3)修練(構造化)
    (4)ストック(最良)

    のステップで明確に書いている。
    発想法の本って読んだ事がないのだけど、とてもシンプルで自然な流れ。
    ある意味、誰もがやっている事なんだけど、いくつか気が付かないところもあった。

    この人の文章は見ていてリズムがあって、押し付ける感じがなく好感が持てる。

    こういうタイプの本が苦手な僕でもスルッと読めたのも、その文体ゆえだと思う。


    なにかに役立てる為に、人は情報をストックするわけだけど、一番最初の(1)収集が、実は一番難しい。
    クラウド時代でも、やはりスマートフォンで思いつきを自由にメモするのは厳しいし、やはり紙のメモの用途が大きい。

    タイトルのハイブリットというのは、アナログとデジタルの良さをどちらも生かしてつかうという意味。
    ハイブリットのバランスは本当に人によって違うと思う。

    けど、ハイブリットに出来るようになったのも、スマートフォンにカメラと通信機能、常時接続が付与された事が大きい。


    「デジタルは実はとても不自由」というのは、僕もとても同意する。

全30件中 1 - 10件を表示

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)のその他の作品

倉下忠憲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小山 龍介
デール カーネギ...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)を本棚に登録しているひと

ツイートする