工学部ヒラノ教授と4人の秘書たち

著者 :
  • 技術評論社
3.63
  • (2)
  • (16)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 101
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774153407

作品紹介・あらすじ

日本のエンジニアの輝かしい業績も秘書・事務官たちの奮闘があってこそ。六本木秘書に成城ガール秘書にブルドーザー秘書…華麗なる秘書遍歴のすえヒラノ教授がたどりついた最後の"港"とは?大好評の「工学部ヒラノ教授」シリーズ第3弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 53
    雑用も慣れてしまうとそれが生きがいになる
    雑用の場合は時間をかければ結果が出る。5時間かかると思っていた雑用を2時間で仕上げた時に快感すら覚える。
    105
    1日と雖も無為に時間を過ごすことのないように短期、中期、長期に分けて3種類の仕事を依頼した。
    短期的仕事が終わった時に、中期的な仕事をやってもらい、短期も長期もなくなった時に長期的仕事をやってもらう。

  • 工学部ヒラノ教授シリーズの三冊目。今回は影の力持ちの秘書嬢のお話。大学の研究室の実態や教授達の生態が分かって面白い。文系と理系の先生たちの風俗が違うのが面白いし、さもありなん、という感じ。

  • 140329 中央図書館
    ヒラノ教授シリーズの中でも、バランスが良い。

  • (192P)

  • 読みやすさ、格別!

  • 日本の大学教授の裏(?)を描いて好評のヒラノ教授シリーズ。今回は、大学教授の秘書たち。そもそも、秘書の仕事って解ったようで解っていない。いろいろ細やかにしなければいけないんでしょうねえ。大学教授の秘書も、細やかさと機転が必要そうです。

  • 工学部の教授と秘書の様子をありのままに書いたユニークな著書だ.客員教授の経験がある筆者も、某国立大学で教授と秘書の実態を眺めたことがあるが、雑用が多いのは事実だ.ただ、研究のやり方が学生に丸投げのことも多々有り、ややうんざりした覚えがある.

  • 面白かったです。

  • 大学というところ、なかなか事務方には脚光が当たらないので、ああやっと順番が来たかという感じ。大学には学生と教員しかいないと思っている人って結構いそう(笑)
    自分は現実には私大しか知らないので、国立大の事務官の姿は新鮮(よく言えば)でした。

全12件中 1 - 10件を表示

今野浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
ジャレド・ダイア...
伊賀 泰代
伊坂 幸太郎
高野 和明
冲方 丁
64
横山 秀夫
ウォルター・アイ...
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×