クチコミページと社長ブログ、売上に貢献しているのはどちら? ~マンガでわかるウェブ分析

  • 技術評論社
3.24
  • (2)
  • (7)
  • (12)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 82
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774153902

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • サイト分析入門として、漫画だし、すごくわかりやすい。実際に自分は、これをとっかかりにして、さらに一つひとつをググったりして知識を得ながら実践に移していった。

  • PDCAを回すためにどう考えてどう行動すればいいのか、がECサイトを題材に、漫画という方法で書かれています。難しい用語説明書ではありませんので非常に読みやすい一冊です。

  • マンガなのでとてもサラリと読めてしまいました。
    あんまりサラリなので、読後感があんまりなかったり?!
    ひとまず他の難しい本を読む前に、この本でアクセス解析をちょっと慣らす感じなのかもしれません。

  • サイト作ったけど、情報は集めてるけど、それらを見たところでどうしようとか
    こういうユーザが来て欲しいというイメージはあるのに、何かうまくいかないとか 諸々
    どうして巧くいかないか、何をすることが必要なのか
    理解させてくれる漫画。

    とにかく漫画だから、すごく読みやすい。
    気楽に読めるし、説明が頭に入りやすい。

  •  果たしてこれだけの分析手法で売り上げ業績は良くなるのだろうか。難しい解析と人の心は捉えどころがなさすぎる。つかめたと思うとするりとかわされ逃げられるみたいだ。

  • わかりやすいWeb分析

  • Web分析入門本。
    マンガパートを抜くと中身は少ないが
    初心者向きと考えれば十分な量。
    入り口と考えて関連書籍を手にすればいいし、
    今手にするから価値のある内容。
    ただ、著者のブログ見ろよとも。

  • 読まなくても良かった。

  • 【読書メモ】

    ウェブ分析のために知っておきたい8つのこと

    1.「集計」と「分析」の違いを理解する

    2.改善施策は「ボリューム」「実現度」「期待効果」の3軸で優先度を決める

    3.実装と設定が正しくないと、数値は使われず、信用されない

    4.サイトの目標は必ず明確にしておく

    5.定期的に報告する

    6.アクセス解析用語は極力使わない

    7.集計/分析/報告にかける時間を極力減らすための方策を考える

    8.ウェブ分析の知識をさらに増やしていく

全9件中 1 - 9件を表示

プロフィール

ウェブアナリストとしてリクルート、サイバーエージェント、アマゾンジャパン等で勤務後、独立。ウェブサイトのKPI設計、分析、改善を得意とする。ブログ「Real Analytics」を2008年より運営。全国各地での講演は500回を突破。

HAPPY ANALYTICS代表取締役、デジタルハリウッド大学院客員教授、UNCOVER TRUTH CAO、Faber Company CAO、日本ビジネスプレスCAO、SoZo最高分析責任者、アナリティクスアソシエーション プログラム委員、ウェブ解析士協会顧問。ウェブ解析士マスター。

著書に『ウェブ分析論:増補改訂版』『ウェブ分析レポーティング講座』『マンガでわかるウェブ分析』『現場のプロがやさしく書いた Webサイト分析・改善の教科書』『あなたのアクセスはいつも誰かに見られている』『「やりたいこと」からパッと引ける Google アナリティクス 分析・改善のすべてがわかる本』など。

「2018年 『現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書【改訂2版】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小川卓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
伊賀 泰代
デール カーネギ...
佐々木 圭一
デイル ドーテン
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

クチコミページと社長ブログ、売上に貢献しているのはどちら? ~マンガでわかるウェブ分析を本棚に登録しているひと

ツイートする