コンピュータアーキテクチャ技術入門 ~高速化の追求×消費電力の壁 (WEB+DB PRESS plus)

著者 :
  • 技術評論社
3.89
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :105
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774164267

作品紹介・あらすじ

150億倍の速度向上、2兆倍の省エネ。いかに実現されているか?小さなスマートフォンから巨大なスパコン/データセンターまで厳選解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • メモリ管理周りの仕組みを知れたのが面白かった

  • 前著までと異なり、対象が広くなった分その賞の対象に興味が持てないとあまり面白くない。また幅広い分自分のよく知っている領域については当たり前と感じてやはりあまり面白く感じないかも。つまり、学部でこの手の話を習ってこなかった人向けの全体俯瞰型の教科書になっている。
    ただし、MOS, NANDの話からDRAM, NAND Flashなど敢えてあまり読まなそうな深さまで説明があるので貴重だと思う。

    なお,プロセッサの章は、楽しい楽しいレジスタと命令ユニットの話やアダーがどうのキャッシュがどうのと前著2冊の濃縮版なので、ここに再掲されたものは重要度が高いと考えてよく復習には最適だった。

  • かなり最新情報までアップデートされていて、詳細で大変参考になる。
    改訂を続けないとすぐに古くなってしまいそうだが。
    一点だけ、ムーアの法則のところでゴードン・ムーアのことを何の疑いもなくマイケル・ムーア(こちらは映画監督でしょう)とサラッと書いてある。こういう些細な事で、全体の信頼性に疑問を持たせるのは大変勿体無いことだ。

  • CPU のアーキテクチャから GPU、ストレージ、そしてデータセンタ、スーパーコンピュータなどなど。
    理論というよりは、ハードウェア寄りの本であり、入門とは言いつつも読みごたえがある。
    いわゆるシステムアーキテクチャの本ではない。

  • CPU・GPUからメモリ・ストレージ、データセンター、スパコンまで網羅。基礎的な部分は省かれているため入門かどうかは分からないが、現在主流となっている技術を俯瞰できるという意味では良かった。
    今はノイマン型ではなくハーバード型アーキテクチャが主流というのは知らなかった。TSUBAME2の計算ノードの紹介があったが、高い電力効率については流されていて残念。
    本書にFPGAを加えたら、コンピュータアーキテクチャの知識的な部分は大体網羅できるのではないだろうか。

全5件中 1 - 5件を表示

Hisa Andoの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
有効な右矢印 無効な右矢印

コンピュータアーキテクチャ技術入門 ~高速化の追求×消費電力の壁 (WEB+DB PRESS plus)はこんな本です

コンピュータアーキテクチャ技術入門 ~高速化の追求×消費電力の壁 (WEB+DB PRESS plus)を本棚に登録しているひと

ツイートする