からだと心を整える「食養生」 ――食より大切な思考と実践

著者 :
  • 技術評論社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774170817

作品紹介・あらすじ

健康にとって本当に必要で大切なものはお金がかからない。「東洋医学」の視点から健康な生活にとって本当に大切な「食養生」の基本の考え方を伝える。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 身体の養生に必要なのは「心、太陽、空気、水、食」

    非常に納得できる内容で特に気になったのは「空気食」

    著者の師匠であり食養生を生み出した菅野賢一氏について興味をもったがネットでは全然情報がない。

    面白かったです。

  • 三葛館医学 498.5||TS

    精神のバランスを整えることから始まり、規則正しい生活や深く呼吸することを心がけ、良質な水を摂り、食事は新鮮な食材を使って作り、ゆっくりとよく噛んでいただく・・・人体の機能に沿って考案された「東洋医学」をベースとした食事法や生活習慣を取り入れることで、お金を掛けずに健康な身体を手に入れることができます。
    どの実践法も気軽に始められるものばかり。いろんな健康法が錯綜している昨今ですが、とてもシンプルな「食養生」を本書で取り入れ、すっきりとした心身を目指してみませんか。
                               (かき)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=87179

  •  「食養生」と言うタイトルであったが、
    ”食”以外のこともあり、分かった様な気がした。

全3件中 1 - 3件を表示

辻野将之の作品

ツイートする