理論から学ぶデータベース実践入門 ~リレーショナルモデルによる効率的なSQL (WEB+DB PRESS plus)

著者 :
  • 技術評論社
4.07
  • (18)
  • (28)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 351
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774171975

作品紹介・あらすじ

エンジニアが知るべきRDBとの正しい付き合い方。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新卒エンジニア研修の読書会で読み進めた。
    数式表現や述語論理に間違いが多く(といっても後者は新卒氏が指摘してくれるまで気づかなかった)、もやもやっとしたところはあったけど、DB系書籍一般ではあまり扱われない分野までカバーしようとしており、良い取り組みだと思った。

    ちなみに新卒氏の間違い探しは以下を参照されたし。
    https://github.com
    /hanazuki/readings/blob/master/%E7%90%86%E8%AB%96%E3%81%8B%E3%82%89%E5%AD%A6%E3%81%B6%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E5%85%A5%E9%96%80.md

  • 意外と知らない

  • データベーススペシャリスト試験向けに再読しました。

    正規化、インデックスについて詳しく書かれている。
    自分は主に正規化、インデックスが知りたかったので、他の章は流し読み程度です。

    他ではアンチパターン的な問題に対する解決策など、ちゃんとデータベースを利用している人には役立つのだろうと感じた。

    「達人に学ぶDB設計 徹底指南書」よりは深く理解ができたと思う。

  • リレーショナルモデルやトランザクション等、データベースに関する理論/概念が主体。
    製品知識ではなく理論的な内容なので、汎用的です。
    何度か読み直して、きちんと理解したいと思う本でした。

  • タイトルのとおり、データベースの理論を一から学べる。
    SQLの文法や製品のアーキテクチャ、性能向上のためのテクニカルな話など一般的なDB解説の書物で取り扱っているような話はあまりなく、リレーショナルモデルの観点からDBを扱う際の注意点が懇切丁寧に記載されている。

    DB、SQLを扱うのは、根底となるモデルを理解できてなくてもできてしまう。
    しかし、モデルを理解しないまま構築されたシステムは、根底となるモデルと照らし合わせてちぐはぐなものになってしまい、その力が十分に発揮できないこととなってしまう。

    私自身理論について深く理解できていなかった。
    こういう理論の上に成り立っているのだということが本書を読んで感じ取ることができた。
    しかし、実践の中ではなかなか理論を意識することができなさそうなのも事実。
    理論を読み返しながら実践を重ねることで理解をさらに深めていきたい。

  • sqlが集合論のもとになりたつことに感動した。また、tableがimmutableな変数であるという説明などがあり、自分の思い込みが正されてよかった。

  • RDBの基礎を理論からわかりやすく記述してある。かなりRDBの理解度があがった。

  • データベースについて、少し触り始めて慣れて来たころに読むと凄いよいと思う。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784774171975

  • RDBって何よ、という問いへの答えが非常に腑に落ちるものでした。
    賛否両論はあると思いますがWebエンジニアはぜひご一読を。

全20件中 1 - 10件を表示

理論から学ぶデータベース実践入門 ~リレーショナルモデルによる効率的なSQL (WEB+DB PRESS plus)のその他の作品

奥野幹也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
有効な右矢印 無効な右矢印

理論から学ぶデータベース実践入門 ~リレーショナルモデルによる効率的なSQL (WEB+DB PRESS plus)を本棚に登録しているひと

ツイートする