人類が火星に移住する日 --夢が現実に!有人宇宙飛行とテラフォーミング-- (知りたい!サイエンス イラストレーテッド)

  • 技術評論社
3.25
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 43
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774173153

作品紹介・あらすじ

人間は火星を"第2の地球"に変えられるか?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 請求記号 538.9/Y 67

  • 【配置場所】工大特集コーナー【請求記号】 538.9||Y
    【資料ID】91150932

  • 火星への片道切符の有人飛行が計画されている。

  •  サブタイトルが「夢が現実に!有人宇宙飛行とテラフォーミング」とあるように、火星に人類が飛行してその上移住すると壮大なテーマについて書かれたのが今回の本。

     Wikipediaによると、テラフォーミング(英: terraforming)とは、人為的に惑星の環境を変化させ、人類の住める星に改造すると定義している。初めて聞いた言葉だが、いろいろな研究が進んでいるのが今回の本で分かり驚いた。

     著者の一人の竹内薫も問いを発しているが、どうして宇宙探査をするのかということに対して「そこに驚くべき発見があるから」としている。モクモク羊の場合、「発見と同時に歴史に名を残したい、一山当てたいと言う大いなる欲望の塊が突き動かしている側面もある」と考えている。清貧思想や草食系では到底やる気がしないからなあ。

     火星人と言って浮かんでくるのがタコのような生物だ。そうなったのは、1897年に『宇宙戦争』というH・G・ウェルズの本のイラストが始まりだとされている。火星に人類に相当する生き物がいるわけではないが、もしいた場合、日本語版の吹き替えは林家木久蔵師匠に頼むのが一番だ。

     資金を準備したり、居住環境を整えたり、移動手段を考えたりとまだ先の遠い話だが実現したら面白いだろうなあ。数百年たったら、火星までに1,2日で行ける時代が来るかもしれない。人類の欲望言い換えると探究心に衰えは見られないから。

全5件中 1 - 5件を表示

人類が火星に移住する日 --夢が現実に!有人宇宙飛行とテラフォーミング-- (知りたい!サイエンス イラストレーテッド)のその他の作品

矢沢サイエンスオフィスの作品

人類が火星に移住する日 --夢が現実に!有人宇宙飛行とテラフォーミング-- (知りたい!サイエンス イラストレーテッド)を本棚に登録しているひと

ツイートする