ジュラ紀の生物 (生物ミステリー(生物ミステリー プロ))

著者 :
  • 技術評論社
3.94
  • (3)
  • (10)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774174068

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 超大陸パンゲアが分裂し始めた時代。
    小型ながらも意外と哺乳類も中生代で多様化を遂げていたのが印象的。モモンガやビーバーに似た種が報告されている。メアリー・アニングの化石発掘など、発見者や研究者の逸話も興味深い。
    三畳紀にも出産中の魚竜化石が紹介されていたが、ジュラ紀のものでもステノプテリギウスのケースが紹介されている。 ベレムナイトの軟体部分の化石など、貴重な発見をフルカラーの写真で見ることができる。
    海棲クビナガリュウや翼竜以外に、ワニ類の多様化も紹介されており、海棲タイプもいたことは初見だった。テチス海の多様性を想像するのはロマン。
    ページが多くさかれているのは有名な産地ゾルンホーフェンの良質化石や、始祖鳥の特集。

  • ジュラ紀読了

    ティラノサウルスはジュラ紀じゃないんだよ

    死の行進やら寄生虫やら始祖鳥やら楽しいですね

  • 翻ってカンブリア紀に思いを馳せると安定感のジュラ紀。身体を大きくするしかなかった図は、PCやケータイ、スマホなどで価格競争をするしかなかった図と重なるような気がした。

  • 本命、恐竜の登場。最新の研究では羽毛も色も付き始めた。アロサウルス、ステゴサウルス。ブロントサウルス、ブラキオサウルスの名称問題。

  • 請求記号 457.355/Ts 32

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

サイエンスライター。オフィス
ジオパレオント代表。埼玉県出身。金沢大学大学院自然科学研究科で修士(理学)を取得。その後、科学雑誌『Newton』の編集記者、部長代理を経て独立し、現職。2019年にサイエンスライターとして初めて日本古生物学会貢献賞を受賞。近著に『アノマロカリス解体新書』(ブックマン社)、『化石ドラマチック』(イースト・プレス)、『パンダの祖先はお肉が好き!?~動物園から広がる古生物の世界と進化~』(笠倉出版社)など

「2020年 『恐竜・古生物 No.1図鑑』 で使われていた紹介文から引用しています。」

土屋健の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
リンダ グラット...
アンディ・ウィア...
辻村 深月
佐々木 圭一
スティーヴンワイ...
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

ジュラ紀の生物 (生物ミステリー(生物ミステリー プロ))を本棚に登録しているひと

ツイートする
×