人工知能の作り方 ――「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか

著者 :
  • 技術評論社
3.44
  • (4)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
  • (3)
本棚登録 : 117
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774186276

作品紹介・あらすじ

プレイヤーの心をとらえる魅力的なゲーム、より「らしい」キャラクターはどう生まれるのか?ゲーム制作における人工知能の役割を最新テクノロジーをふまえて思索する。ゲーム業界を牽引するスクウェア・エニックスのAI技術者、渾身の書き下ろし!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ゲーム作成者向け。一般化しようとして哲学的になってて、何が伝えたいのかよくわからなかった。

  • 教員推薦

    (特集:「ゲームを作ろう!」)

    ↓利用状況はこちらから↓
    http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00538938

  • 「知能とは?」という話題から始まる、ざっくり概要をつかむための本。非エンジニアにも分かるように概念を伝えている。各章末にある「そもそも論」が書かれた「考えてみよう」コーナーが示唆に富んでいる。

  • 過去から現在、そしてこれからの未来に至るゲームAIの主要な技術がとてもよくわかる書籍です。AI技術について哲学的、生物学的に解説されている点がとても興味深いことや具体的なゲームタイトルを挙げてどのように使われているのかが図も交えてわかりやすく書かれている点が好印象でした。とても面白かったのでもう1周します(笑)。

  • ゲームAIの仕組みについて網羅的に説明しています。具体的な実装方法というよりは概念について述べられています。ゲームという閉じられた世界のなかでいかに知性を宿しているようにみせるか、様々な手法があることを知りました。本書の面白いところは、単にゲームAIとはこういうものですよ、と言うのではなく哲学や認知科学の知見を用いて解説しているところです。著者がいかに深くゲームAIについて考察しているかが伝わってきます。

  • 最近のゲームをしていて、プレイヤーとは別で完全にオートモードでプレイヤーの周りを動く仲間たちが、一体どんな風にモノを考えているのか気になって本屋に行ったら本書を見つけ読んでみた。

    AIの歴史も追えて、どんな考え方をしてプレイヤーと寄り添って動いているのか、優しい言葉で分かりやすかった。
    最初から最後までゲームを話題にしているので飽きることなく楽しい一冊だった。

    一番はっとしたものに、AIは人を超えるのかと問われたら、これらは人が書き込んだもの以外は認識すらしていない、与えられた世界を一歩外れると生きていけない。というような文章があり。
    SF映画にあるようなロボットに心が生まれるまで、まだ時間がかかりそうだなと想像してしまった。

  • 結構良かった。ゲームAIってのは、エンジニアリングとしてAIを(現在はもうAIとは呼ばれていないような技術まで含めて)使ってきた長い歴史があり、目的がある。ここで通ってきた様々な技術が紹介されていて、知識として非常に有用だと感じた。ゴール思考とか下世話にいうとこういうことよ、みたいな感じ。

  • 請求記号 007.1/Mi 76

  • 面白いが,誤字が多すぎるのが残念

全11件中 1 - 10件を表示

人工知能の作り方 ――「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのかのその他の作品

三宅陽一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
クリス・アンダー...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

人工知能の作り方 ――「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのかを本棚に登録しているひと

ツイートする