仕事の問題地図 ~「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方

著者 :
制作 : 白井匠 
  • 技術評論社
3.46
  • (7)
  • (35)
  • (34)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 407
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774187747

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 沢渡あまね氏の「職場の問題地図」を読むついでに、一緒に買ってしまおうと思い購入。

    「職場の問題地図」は、属人化や仕事のプロセス共有の問題、仕事の客観的定量化等に言及する内容だったが、こちらはタイトルのとおり、職場=組織よりは仕事=個別タスクに重点を置いて言及した内容。

    どちらの本も…というか、この「問題地図」系の本はどれもそうだが、帯や折り返し、「はじめに」の文をちょっと見ただけで、かならず思い当たることがある人ばかりと思う。
    サービス残業という文化がごく自然に存在する社会で働く我々には、実に惹かれる、共感できるフレーズばかり目につく。

    内容も悪くはない。
    軽い内容なので物足りなさはあるも、否定的な目で見なければ意外と得るものは多い。
    意見を言いやすい空気づくりをする、
    コミュニケーションや進捗管理・情報共有の「旗振り役」を置く、
    仕事を構造化して計画を作る等々、
    冷静に考えてみれば当然のことだが「言われてみれば確かに」という感があり、目から鱗。

    キャリアステップを目指す若い社員、発足し立てでノウハウの無い事業所の管理職等、一読の価値があるのではないだろうか。

  • ‪IT業界のプロジェクトマネジメントの考え方を「仕事の進め方」と一般化して解説した一冊。一応PMをやっているので前半の仕組み化は知っている内容も多かったが、後半の個人のパーソナリティに紐付いた問題は自分の振る舞いを省みるきっかけになった。個人レベルで改善できることは明日から実践しよう。‬

  • 職場の問題地図は面白かったけど、こっちはそこまでビビビッとこなかった。いまはそこに目がいってないのだと思われ。また時間をおいて読んでみたい。

  • 実体験としても「わかる」内容が多く、結構参考になりそうでした。
    各章にある関連図は残しておきたいなと思った。

  • 仕事を進めるうえでのありがち問題点をリストアップし関係性を矢印でつなぐ。チェックポイントは、計画不在、進捗不明、一体感がない、モチベーションが低い、期限に終わらない、意見を言わない、有識者不在、抵抗勢力の壁、対立を避ける、失敗しっぱなし。

    あるある〜と責任も自分への影響もなく、眺めていられるポジションにいたいかも。

  • うーん。図式分かりやすいが、どこからカエルはなかなかどうしたものか。

  • 読了20180327

  • システム開発で用いられる管理手法を中心に仕事の進み方を紹介している。
    勤めていたIT会社は、インシデント管理や課題共有をしっかりしていたのだなと改めて思った。
    手法も大事だが、著書の中で、繰り返し登場する人間だものが1番仕事を進める時に気をつけないといけないと思う。感情で人は動くということは日々体感している。

  • 自宅ソファーで読了。
    真新しい事特になし。社会人二年生近辺が読むよろし。

  • 働き方改革 準備中~

全30件中 1 - 10件を表示

プロフィール

あまねキャリア工房代表


「2017年 『今より1時間早く仕事が終わる習慣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

仕事の問題地図 ~「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方のその他の作品

沢渡あまねの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
恩田 陸
スティーヴン・ガ...
エラ・フランシス...
佐々木 圭一
田中正人
有効な右矢印 無効な右矢印

仕事の問題地図 ~「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方を本棚に登録しているひと

ツイートする