感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これからプログラミングを学ぼう、という読者にはわかりやすい記事だと思います。ただ、初学者でない者にとっては、あまり読むべき記事がないかもしれない。

  • # 特集1: イマドキPython

    自分はPythonは素人だが、とても丁寧に書かれており、サクサク進められた。
    ただ機能を実装するだけではなく、Pythonの価値や利用法にまで触れられているのが良い。

    # 特集2: いきなりiPhoneアプリ開発

    同じくこちらも素人だが、やはりサクサク進められた。
    大半はGUI上での開発となり、コードを書いたのはわずかだった。
    それでもアプリ開発の流れを感じることは出来た。

    # 特集3: はじめてのUnity

    こちらはタイトルに反して、なかなか上級者向けだと思った。
    弾のプーリングや波状攻撃を実装しており、初心者向けから一歩進んだ内容になっている。
    エンジニアがやるに値する内容であり、とてもためになった。

    # まとめ

    この雑誌は毎年4月号を「新人向け」としており、「とりあえず」で触ってみても十分理解できるものになっている。
    紹介されている技術もその時々のトレンドを反映しており、読んでおく価値がある。

    これらにほんの少しだけでも触れておけば、後々大きな違いになるだろう。
    未経験やキャリアの浅い人にもおすすめしたい。

  • 個人的には「年齢を重ねたエンジニアがどうなるのか」の記事が、色々と共感する部分もあってよかったです。

全3件中 1 - 3件を表示

陶山嶺の作品

WEB+DB PRESS Vol.104を本棚に登録しているひと

ツイートする