いたずら子ぞうのパオ―おはなしどうぶつえん

  • くもん出版
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (47ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774304854

作品紹介・あらすじ

東京の多摩どうぶつこうえんで、はじめて、アフリカゾウのあかちゃんが生まれました。日本じゅうでも、これまでに生まれたアフリカゾウのあかちゃんは、たったの6とうしかいません。とても、めずらしいことなのです。なまえは、パオ。男の子です。さあ、これから、パオのおはなしを、しましょう。アフリカゾウのからだのひみつや、ふしぎなくらしかた、そして、みなさんが、どきどきするようなできごとを、たくさんのしゃしんで、しょうかいします。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 多摩動物公園
    アフリカゾウ 1998年

    パオは現在、富士サファリパークに引き取られている。
    女の子だったら、お母さんと一緒だったのかも?象の群れって、基本的に母系の集団で、オスは一定以上育ったらひとりで生きていくんだよね?

    口の中に4本の歯がある。牙だけじゃないんだ。

全1件中 1 - 1件を表示

わしおとしこの作品

いたずら子ぞうのパオ―おはなしどうぶつえんを本棚に登録しているひと

ツイートする
×