ようかいオジジあらわれる

制作 : 山口 みねやす 
  • くもん出版 (2004年6月1日発売)
3.14
  • (2)
  • (2)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774307572

ようかいオジジあらわれるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オジジの正体は、お父さんだった。

  • 幸せってこれ。

  • やっぱりママが一番強い。

  • S太朗5歳0カ月で出会った本。おもしろかった♪

  • 僕の家には時々「妖怪オジジ」が現れます。

    真っ赤な顔をして、身体はぐにゃぐにゃのヘロヘロ。柱に頭をぶつけて「ごめんなさい」と謝ったりします

    見つかると捕まってジョリジョリされるので、息を潜めてそーっと布団の中に隠れなくてはいけません

    貴方のお家にも「妖怪」いませんか?

  • 大人:
    あんまりおもしろくない。
    酔っ払いが、変な動きをして(壁に頭を打ったり、ひげじょり攻撃)笑わせようとする部分があるが、大して面白くない。
    最後、結局父は子どもが好きみたいなイメージがあるが、いまいち。
    子どもに読んで、面白いとは思えない。


    3歳児:
    「なんだか、お父さんに似ている」というところで、「おにいちゃん?」といっていた。
    話の流れから、お父さんを想像するのが難しいみたい。
    お父さんの酔っ払い姿や、ひげジョリジョリ攻撃を知らないようです。
    もういいかな。

全6件中 1 - 6件を表示

ようかいオジジあらわれるはこんな本です

ツイートする