えんまさまのしっぱい (子どもとよむ日本の昔ばなし 8)

  • くもん出版
4.00
  • (3)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 66
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774310985

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どんな失敗かと思ったら、失敗ってより閻魔さまより頭が回るものがいたって感じ!仲間がいる・友達がいるって素晴らしい!とも思える内容だった。

  • なかよしのいしゃ、占いし、かるわざしの3人が、じごくにいったけれど、かるがるといろんなじごくをこえて、さいごには、えんま大王に食べられてもだっしゅつできたところがおすすめです。

  • 「地獄のそうべえ」と同じような話。
    あれは落語の話がもとになっているけれど、もともと民話としてもあったとは知らなかった。

    方言の入った語り口調の文章で、一ヶ所意味の分からないところがあった。
    地獄に落ちた3人を釜茹で地獄に落として、閻魔が「もういいころだろう」と言うような場面の文章が。


    地獄のそうべえでは、食人鬼に食べられるが、この話では閻魔に食べられていた。
    体の中で笑う紐やくしゃみの紐を引くのは同じ。

  • 落語で地獄百景にあるお話ですよね。
    地獄のそうべい

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1930年中国長春生まれ。小澤昔ばなし研究所所長、昔ばなし大学主宰。ドイツ文学者、筑波大学名誉教授。主な著書に『日本の昔話全5巻』(福音館書店)、『子どもとよむ日本の昔ばなし全30巻』(くもん出版)がある。


「2016年 『うらしまたろう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おざわとしおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
馬場 のぼる
モーリス・センダ...
トミー=アンゲラ...
馬場 のぼる
なかの ひろたか
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×