三まいのおふだ (子どもとよむ日本の昔ばなし)

制作 : たけとみ まさえ 
  • くもん出版
4.80
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774310992

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おしょうさんが山んばにたべられそうだったけど、ぎりぎりにげたところが、ほっとしました。

  • 25年度2年 ⑫2年 ⑫

  • 3枚のお札の使い道は、厠でまだまだと言う、山を出す、川を出す。
    お寺に戻った小僧を追い掛けてきた山姥に和尚さんが大きくなったり小さくなったりを掛け声で指示する。
    小さくなったときにそのまま火鉢にくべる。

    3枚のお札の残りの2枚は火と水が多い中、火が山になっているタイプ。
    和尚さんがお餅のくるんで食べるのが多い中、そのまま火鉢にくべて焼き殺してしまった。
    和尚さんが山姥を食べないというのはちょっと珍しいかも。
    でも、現実的にはその方がいいかも。
    山姥を食べる和尚さん、話の中だから許されるけれど、本当だったらちょっと怖い。

  • 2003/6/4たけちゃん

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1930年中国長春生まれ。小澤昔ばなし研究所所長、昔ばなし大学主宰。ドイツ文学者、筑波大学名誉教授。主な著書に『日本の昔話全5巻』(福音館書店)、『子どもとよむ日本の昔ばなし全30巻』(くもん出版)がある。


「2016年 『うらしまたろう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おざわとしおの作品

三まいのおふだ (子どもとよむ日本の昔ばなし)に関連するまとめ

ツイートする