恋って、どんな味がするの? (読書がたのしくなるニッポンの文学)

  • くもん出版
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (147ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774313412

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新美南吉の「花を埋める」淡い初恋からの現実にぶち当たる青少年のリアルさ・・・い、痛々しいな・・・。
    太宰治の「葉桜と魔笛」せ、切ないやんけ・・・。薄情な恋人よりも家族の愛・・・。なるほど・・・。
    芥川龍之介の「お時儀」め、明治の男~~~~~!!!!女人にお辞儀するのすら躊躇われる!!そりゃ恋愛偏差値低いわ!!!っていう。
    鈴木三重吉の「黒髪」一番辛かった・・・読んでて・・・。か、悲しい・・・忍ぶ恋・・・。
    伊藤左千夫の「新万葉物語」あ、甘酸っぱい・・・そうそう・・・この爽やかさと生きる希望が恋のおはなし・・・。
    宮沢賢治の「シグナルとシグナレス」いつもの宮沢賢治すぎて恋愛・・・恋愛??????そうだね???
    森鴎外の「じいさんばあさん」は鴎外の理想の家庭が詰めつめだったな・・・。

  • 新見南吉の「花埋め」というこどもの遊びは知らず、新鮮だった。実力がある作家たちの、埋もれた作品が掲載されているので新鮮な感動がある。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1913年愛知県半田市に生まれる。『赤い鳥』に「ごん狐」など多くの童話、童謡を発表した。東京外国語学校を卒業後、小学校や女学校などで教鞭をとる。18歳のころ『赤い鳥』に童話を投稿して掲載され、その後「ごん狐」など多くの童話、童謡を発表した。1943年、29歳で早逝した。

「2019年 『2ひきのかえる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新美南吉の作品

ツイートする