ほんものの友情、現在進行中! (読書がたのしくなるニッポンの文学)

  • くもん出版
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774313429

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新美南吉の『正坊とクロ」サーカスのクマと少年の絆・・・離ればなれでも互いに思い合う・・・せ、切ない・・・。南吉のほのぼのほっこり感と、どこかもの悲しい切ない感じが上手く混ざり合っている・・・。
    国木田独歩の「画の悲しみ」おわ~~~~ヤンチャ系後輩×大人しい先輩の少年同士の爽やか友情ものだけど死別END。切ねえ・・・。
    宮沢賢治の「なめとこ山の熊」賢治先生といえば健気な動物の死!だけどこれは珍しく人間側もしんでる・・・。人間が生きる業・・・それに比べて動物はなんと潔い・・・。
    太宰治の「走れメロス」久々に読んだけどこれマジで短篇であっという間に終わるな・・・。メロス体感10分以下・・・。たしか計算するとそんな走ってないらしいもんなメロス・・・。あと王様がラストただの萌えキャラになってメロスが猥褻物陳列罪で乙女を困らせるEND。あれ他に言いようなかったんか。
    菊池寛の「ゼラール中尉」なんてーかこの人は嫌な人間書くのが上手いんだな・・・。嫌っていうかなんてーかダメな人ってか・・・うん・・・。
    堀辰雄の「馬車を待つ間」初めて著作読んだけど、割と独特な作風だったぞ???

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1913年愛知県知多郡半田町(現・半田市)に生まれる。中学時代から童話を書き始め、『赤い鳥』『チチノキ』などに投稿。東京外国語学校卒業。教師をしながら創作活動を続け、童話・小説・詩など多くの作品を残す。代表作に、『ごんぎつね』『手ぶくろを買いに』『おじいさんのランプ』などがある。1943年咽頭結核により、29歳の生涯を終える。

「2021年 『新美南吉童話集 ごんぎつね・手ぶくろを買いに など』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新美南吉の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×