おはな つんつん (くもんのはじめてであうえほん)

著者 : 武内祐人
  • くもん出版 (2008年6月27日発売)
3.53
  • (4)
  • (5)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :70
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774313955

おはな つんつん (くもんのはじめてであうえほん)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1:10 おはなつんつんしてふれあえる。

  • 赤ちゃんについやってしまう、お鼻つんつん。動物も人間も、みんなお鼻つんつん。あたたかい絵に癒やされる。

  • ツンツンしながら読む。
    姉弟の話なのもいい!

  • 次男0才6ヶ月
    おはなし会で読んでもらった絵本。
    息子の鼻や顔をよく指でつんつんして遊ぶけど、鼻と鼻はやったことないなぁ〜。
    今度、絵本のようにやってみます。
    (私の鼻はこんなに高くないけど‥)

  • 普通にかわいくてはなつんつんも好きなんだけど、あんまりくいついてくれなかったー
    絵は可愛いし良い絵本だと思います♪

  • 同シリーズの「おてて たっち」「おでこ ぴたっ」と共に、図書館で読みました。図書館という公共の場ながら出てくるたびに、息子と一緒に「おはな つんつん」。ちょっと恥ずかしい気もしましたが、すごく楽しく読めました。

    全てではないですが、字が少ないので3歳半の息子にがんばって読んでもらいました。脈絡なく?色々な動物たちが、それも意外な組み合わせで出てくるのが面白く、くすりと息抜きしながら読めたようです。

    ■絵本ナビのサイト("全ページ試し読み"へのリンクあり):
    http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=20912

  • 図書館で借りてきた本。
    同じようにおはなつんつんしながら読んでみました。結構喜んでくれた。

  • 「つんつん」してもらうのスキ☆

全8件中 1 - 8件を表示

武内祐人の作品

おはな つんつん (くもんのはじめてであうえほん)はこんな本です

ツイートする