ありがとうチョビ―命を救われた捨て犬たちの物語

著者 :
  • くもん出版
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774316604

作品紹介・あらすじ

「こんにちは、チョビ。かわいい子ね。これからわたしといっしょに、ここでくらしましょうね」1990年5月末、動物保護団体アークの代表オリバーさんのところへ、子犬のチョビがやってきました。捨て犬だったチョビは、飼われていたときにつけていた首輪が、小さくなって首がしまりそうなところを、助けられたのです。アークには、行き場をうしなった犬たちがたくさんいました…。「めったに出会えない最高の犬」といわれ、動物保護団体アークのPR犬として活躍した捨て犬のチョビ。一人の少女に勇気をあたえた、傷だらけの犬ハチ。日本でほんとうにあった、犬と人との物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子ども向けに書かれているようだが、安易なペットブームへの警鐘と、小さな命を守ろうとする人々のたゆまない努力が丹念に綴られている。

    うちの近くにも、どんどん新顔の増えるペットショップがあるが、この本を読んでからは更に考えさせられてしまった。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

東京都出身。日本児童文芸家協会、日本児童文学者協会会員。「命」をテーマにノンフィクションを執筆。著書に「左手がなくてもぼくは負けない!」(学研)、「夜やってくる動物のお医者さん」(フレーベル館)など。

高橋うららの作品

ありがとうチョビ―命を救われた捨て犬たちの物語を本棚に登録しているひと

ツイートする