どうぶつぴったんことば

著者 :
制作 : 西村 敏雄 
  • くもん出版
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774317779

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おもしろいが読みにくい(^o^;)

  • 読んでいるとこんがらがってきますが、それがまた楽しいのかも。子どもたちも楽しんでました。西村さんの絵がいい味です。

  • 動物と言葉をあわせて、ぴったん言葉。
    一緒に言ってみると楽しい。

  • 口に出して読むとおもしろい、楽しみが増す絵本。

  • 「ぴったんことば」は、言葉のそれぞれ終わりと頭がくっつけて、どんどんつなげて楽しむ、しりとりのようなことば遊び。
    動物がテーマになった『ぴったんことば』に合わせた絵は、どれも面白かったです。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

詩人、絵本作家。山口県生まれ。自作の詩を自身の朗読で競い合う第4回「詩のボクシング」全国大会で優勝し、その後、子どもの歌の作詞や児童書の執筆に携わるようになる。主な作品に、詩集『植星鉢』(土曜美術社)、絵本『おちゃわんかぞく』(いぬんこ/絵 白泉社)、『あかり』(岡田千晶/絵 光村教育図書)、『ふたごのたこたこウインナー』(西村敏雄/絵 ひさかたチャイルド)、『はやくちまちしょうてんがい はやくちはやあるきたいかい』(内田かずひろ/絵 偕成社)など多数。絵本の翻訳に『いたずらえほんがたべちゃった!』(リチャード・バーン/作 ブロンズ新社)などがある。

「2018年 『いたずらえほんがなんかへん!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

林木林の作品

ツイートする