なまえをかえましょ!まほうのはさみ (ことばって、たのしいな!)

著者 :
制作 : 中谷 靖彦 
  • くもん出版
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (93ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774321165

作品紹介・あらすじ

「おまえにまほうのはさみをあげてもよい。おまけのまほうもつけてな」「まほうの…、はさみ?」「そうだ。ことばをチョキンと切るはさみだ。切られたことばは、そのままほんとうになる」。このはさみのひみつはだれにももらしてはいけない。たとえ、おしっこをもらしてもな。小学校低学年から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お母さんに、「ハサミをとって」とお願いされているのを無視していた
    ともくんの前にあらわれたのは、ハサミムシのおばけ。
    ハサミを無視したからあらわれたんですって。

    おばけが言うには、このまま無視を続けると首をちょん切るらしい。
    ハサミをとってあげれば、魔法のハサミをくれるんだって。
    さて、そのハサミを使うと切れるものとは・・・。

  • 途中で切って、言葉遊び。

  • 「ことばあそび」が楽しい本です。
    この「ことばってたのしいな!」シリーズば、学校図書館に向く本というか、担任の先生方が好きそうな本という印象をうけました。
    確かに面白いんだけど、盛りだくさんすぎて、おなかいっぱいにならないか、ちょっと心配。
    あと、帯にもあるように、「読書を通じて、ことばの興味・関心を高めることをねらい」としていることが、すごく伝わってきます。
    いえ、それが悪いというのではなく、せっかく楽しい本なのに、手にとった時、本の楽しさより「ねらい」の指導?な匂いの方が先に読み手に伝わるような気がして…もったいないかなぁと。
    いらん心配かもですけどね(笑)

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

福岡県生まれ。詩人、児童文学作家、絵詞作家。
絵本『さかさまライオン』(童心社)で絵本日本賞、『うそつきのつき』(文溪堂)で
小学館児童出版文化賞、『ふしぎの森のヤーヤー』金の星社)で産経児童出版文化賞受賞。
『がたごとがたごと』(童心社)、『すやすやタヌキがねていたら』『ともだちできたよ』(共に文研出版)、『くじらさんのーたーめならえんやこーら』(鈴木出版)で日本絵本賞受賞。
少年詩集に『たぬきのたまご』(銀の鈴社)、『きんぎょのきんぎょ』(理論社)、「しっぽとおっぽ」岩崎書店。「ぼくたちはなく」(PHP研究所)で三越左千夫少年詩賞を受賞。「おれたちともだち」シリーズはロングセラーになっている。第55回児童文化功労賞受賞。
第39回巌谷小波文芸賞受賞。日本児童文学者協会理事長。

「2018年 『うまはかける』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田麟太郎の作品

なまえをかえましょ!まほうのはさみ (ことばって、たのしいな!)を本棚に登録しているひと

ツイートする