おかめ ひょっとこ

著者 :
制作 : 陣崎 草子 
  • くもん出版
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774323701

作品紹介・あらすじ

「私は日本一のしあわせ者だと思います。」
貧しい村にうまれ、波乱万丈の人生を送ってきた主人公みね。米寿を迎えた時に、笑顔でそう語った彼女の強さとは何か?

貧しい村には、昔から鬼が現れるとされ、天災や病気、飢えなどといった脅威を村人へもたらす。そんな恐ろしい鬼が、夫の勇助が住むさらに山奥の貧しい村へと嫁入りしたみねの前にもたびたび現れるようになった。
みねが苦しい時には、両親がはじめて自分のために作ってくれた「おかめ」「ひょっとこ」のお面を取り出してみる。母ちゃん・父ちゃんの顔を思い出しては、元気をもらっていた。
夫婦でどれだけ働いても暮らしは楽にならないのだが、五人の子どもとともに日々生活を送っていくのであった。
そして、勇助が五十七歳になったとき、みねの前には最も恐ろしい鬼が現れることとなる――。

困難を乗り越え、前向きに生きることができる人間のつよさを、最上一平さんの、読者によっていろいろな捉えかたや感じかたができる余韻のある文章と、細やかな絵の中に迫力を感じさせる陣崎草子さんの絵が子どもたちへ語りかける絵本です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 両親が作ってくれたひょっとことおかめのおめんを心の支えに苦しい生活、悲しみを乗り越えていく様子に心うたれます。

  • 鬼とは何だろう。
    単純な妖怪の鬼ではないように思う。
    貧しさ、苦しさ、悲しさそのようなものを鬼としてあらわしているのか。
    昔話と思いきやそうでなく、一気に現代風になるのですごく驚きます。
    でも、明治大正昭和平成と生きてきた人たちは、こんな感じに周りが移り変わってきたのかもしれません。
    そして、鬼は妖怪としての姿を持たなくなりましたが、やっぱりそこかしこにいる。
    それを退散させるのが、おかめひょっとこなんでしょうね。


    小学生にはあまりにも観念的過ぎて難しいかもしれません。
    ということで評価2です。大人向けなんじゃないかな。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1957年、山形県生まれ。『銀のうさぎ』(新日本出版社)で日本児童文学者協会新人賞、『ぬくい山のきつね』(新日本出版社)で日本児童文学者協会賞、新美南吉児童文学賞、『じぶんの木』(岩崎書店)でひろすけ童話賞を受賞。その他の作品に、『ゆっくり大きくなればいい』(ポプラ社)、『すすめ! 近藤くん』(WAVE出版)など多数。

「2016年 『おしごとのおはなし 電車の運転士 おしいれ電車』 で使われていた紹介文から引用しています。」

最上一平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
くすのき しげの...
長谷川 義史
みやこし あきこ
加藤 休ミ
ヨシタケ シンス...
トミー=アンゲラ...
どい かや
ユリー・シュルヴ...
くすのき しげの...
かがくい ひろし
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする