あひる

著者 :
  • くもん出版
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774324029

作品紹介・あらすじ

食べるとは、命をいただくこと。
身近に経験する機会が少ない今、子どもたちに届けたい絵本です。

自宅の鶏小屋から、毎朝卵を取ってくるのが主人公「私」の日課です。

ある日、隣町のおじさんから、体が弱ったあひるが一羽届きます。私と弟は、初めて間近にみるあひるに興味津々。元気になってもらうために、翌日あひるを近所の川に連れて行くことにしました。

川で運動させると、あひるは食欲も出て、少し元気になった様子です。

あひるが元気になってうれしい二人は、次の日もとり小屋目指して、校門から駆け出します。ところがとり小屋につくと…

「あひるがおらん!」とり小屋にはにわとりしかいません。

台所に飛び込むと、そこはお醤油と砂糖のまじった、いい匂いでいっぱい。その日の夕飯は、私も弟も大好きな野菜とお肉の煮物でした。

大好きな煮物を目にして、私は何を思うでしょうか?

食事後に、「あれあひるじゃないよね」とお母さんに質問する弟を、私はどのような思いで見つめているでしょうか?

『あひる』は、生きることと食べることが身近にあった、著者の子ども時代を絵本化した作品です。ご家庭で、親と子が一緒に読んでもらいたいですし、また、学校や図書館での食育活動にもお奨めの一冊です。

読み終わったあとに、食卓に並ぶ、肉・魚を見て、子どもたちが何かを感じとってくれることを願っています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本当はどうなのか、はっきりしたようなしないような所が、とても良い。「食べる」という事について、ペットと家畜について考える絵本でした。

全1件中 1 - 1件を表示

石川えりこの作品

ツイートする