星の王子さま

制作 : ドリアン助川 
  • 皓星社
4.75
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774406268

作品紹介・あらすじ

「ほんとうにたいせつなものは目にみえない」

映画「あん」の原作者が訳す、永遠の名作。

ドリアン助川さんが撮影した、「星の王子さまとサン=テグジュペリ像」ほか、撮りおろし写真も掲載!


原文には忠実に、しかしまったく新しい冒険心をもって『星の王子さま』を全訳しました。
サン=テグジュペリ生誕の地リヨンや、彼が撃墜されたマルセイユ沖の海を訪れた旅の記録。また、母親に宛てた最後の手紙の全訳など、訳者あとがきも大充実です。ぜひ、ご覧になって下さい。

ドリアン助川

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <「星の王子さま」複数訳読み比べ>
    読みやすい文章。
    一番印象に残るのは、実業家が関西弁で訳されていること。
    コミカルさが強調されていて(これがドリアン助川氏の解釈なんだろう)、思わず笑った。
    ただ、元々星めぐりで出会う大人たちはサン=テグジュペリが思う「世間一般の偏見的定型」を描いていると思うし、関西弁はそれに上手く乗っかりはするのだけど、訳者が更にバイアスを付け足すのは、わかりやすさのためには構わないことなんだろうか…。
    もちろん、翻訳は大なり小なり、訳者の偏りを加えることにはなるのだけど、あんまりあからさまだったので。

  • 好きな作家による好きな作品の訳なので、当然のごとく読んでみた。
    いつも新たな気持ちで読むことができる。

  • 世界中で有名なこの本を、何年間も読もうと思いつつ、やっと読了しました。
    人の善悪を追求し、ものごとの捉え方について、子ども目線でわかりやすく深く考えさせてくれる本でした。
    人が生きていくうえで忘れかけていること、忘れてはいけない道徳を呼び覚ましてもらいました。

全3件中 1 - 3件を表示

サン=テグジュペリの作品

ツイートする