新しい葬送の技術 エンバーミング ―遺体衛生保全 悲しみを越え、心に残る思い出を

  • 現代書林 (2005年4月19日発売)
3.42
  • (2)
  • (1)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774506562

新しい葬送の技術 エンバーミング ―遺体衛生保全 悲しみを越え、心に残る思い出をの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 過去に読んだエンバーミングの本が著者の自伝的自分語りがメインだったのと比べ、歴史や詳しい技術、課題について俯瞰的に述べられている。

    まだまだ狭く小さい業界なんだなと感じる。


    巻末のエンバーマーの対談がとても面白かった。

  • 日本語で読める唯一のエンバーミング本。

    エンバーミングとは何か。実際どういうものか。
    といった疑問には十分応えてくれる。よくできた本だ。

    あえて難を言えば、もう少しエンバーミング技術について
    視覚的に説明して欲しかった。写真が無理なら、イラストででも。

    現在エンバーミングは国内で1万数千件行われているという。
    施術態勢が整えばもっと増える余地はあるだろうが、
    メジャーな葬送の一手法として定着するには、本書の言うように
    日本人エンバーマーによる日本的エンバーミングの確立が急務だ。

    日本的エンバーミングとはどういったものか。

    それは、速やかな火葬を前提として、遺体を美しく、よりソフトに
    仕立て上げることに重点を置いたものであるべきだろう。
    そして「速い、安い」も大事なことだ。

  • 葬儀屋さんの目から見た「エンバーミング」の話です。遺体はあくまで「ご遺体」です。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする