筑波大学で誕生したまったく新しいゴルフ理論 ―コンバインドプレーン理論のすべて

著者 :
  • 現代書林
3.55
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774512075

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 超初心者の自分にとってはまだ早い内容な気もしたが、とにかく理論的、原則的なスイング理論が化学的に書いてあって、安易なテクニック論に走らないあたりが好印象だった。

  • なかなか読み終わんない…
    小難しいんだよなぁ

  • ほとんど図解で見やすい。
    即、実践してみたくなる。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:783.8||A
    資料ID:50900720

    社会人となった時、ゴルフは人との交流に大きな手助けとなり、年齢がいってもスポーツとして楽しむことができます。特に、MRを目指す人には業務に匹敵する重要性があります(薬品物性化学研究室 橋本先生)。

  • ゴルフクラブの進化と共にスイングの変遷もあり、現代ではタイガーウッズに代表されるリストを使わないボディターンスイングが主流となっている。本書では、従来のスイングプレーンが1枚という理論では説明できない現代スイングを、2枚のスイングプレーンを想定して説明している。また、アプローチショットの延長線にフルスイングがあるという考え方から、手首を固定したボティーターンだけのスイング練習を推奨している。
    実践してみたところ、今までと違ったイメージを持ってスイング練習ができた。また、自分にとっては課題だったドライバーの方向性がよくなった。自分にとってはとても刺激となる良書と言える。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1960年生まれ、北海道出身。ゴルフスイングと練習法をテーマに筑波大学の博士号を取得したレッスンプロ。独自の「コンバインドプレーン理論」で、レッスン界を席巻し、著書多数。

「2017年 『1日5分で90切り』 で使われていた紹介文から引用しています。」

筑波大学で誕生したまったく新しいゴルフ理論 ―コンバインドプレーン理論のすべてのその他の作品

安藤秀の作品

筑波大学で誕生したまったく新しいゴルフ理論 ―コンバインドプレーン理論のすべてを本棚に登録しているひと

ツイートする