斎藤一人の道は開ける

著者 : 永松茂久
  • 現代書林 (2010年3月16日発売)
4.53
  • (54)
  • (31)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :254
  • レビュー :36
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774512372

斎藤一人の道は開けるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 即実践できる習慣、氣づきについて知りたくて読書。

    『チーズはどこへ消えた?』シリーズと『ユダヤ人大富豪の教え』を合わせたような内容。

    会話部分が多いので読み進めづらいが、ICレコーダーで録音していたらしく、斎藤一人さんという人の人柄がリアルにイメージできて面白い。

    内容は、斎藤一人さんシリーズの重複となるが、本当に一人さんから個人訓練を受けているような臨場感がある。

    内容もいたってシンプル。
    笑顔。うなづき。天国言葉。

    人と比較しない。過去の自分と比較し、今に集中し、結果ではなく、過程に注目する。

    人を喜ばせることを目標とする。

    心を喜ばせるのは心。

    人のあら捜しをせず、いいところを見つける。

    他人は変えることができない。変えることができるのは自分の行動、態度だけ。

    自分を愛する。自分との約束を守る。セルフイメージを向上させる。

    人に教える。援助する。成功はおかげさま。

    終章、一人さんからの最後の話がいい。

    読書時間:約1時間5分

  • 夢は目の前のことに一生懸命になった時に見つかるもの。
    大事なのは心。目の前の人を笑顔にすることが幸せなんだ。
    また会いたい、そう思われるような魅力的な人間になりたい。
    かっこいい男…とは!

  • 説法とは、こういうことだろうと思う。すんなりと受け入れられる。レクチャー風自己啓発本。「魅力さえあれば、たいていのことはうまくいく。うまくいかないのは魅力がないということ」。そうか、“また”会いたいと思わせる魅力があれば、人脈が広がる。そして、うまくいく大切なことは3つ。笑顔、うなずき、天国言葉。天国言葉とは、『ツイてる、うれしい、たのしい』の3つ。指導される力の素直に学ぶ姿勢が大切だ。自分も人も幸せになる方法を考える、勝って威張らず負けて腐らず、など元気になれる言葉がつまっている。

  • ダイニング「陽なた屋」のオーナー、永松茂久さんが、ハウスまるかんの代表で納税額第一位でも知られる、斎藤一人さんから受けたレクチャーをまとめた一冊。

    斎藤一人さんの人柄がよくわかる内容で、すごく心に響いた!

    今までは夢は大きくて、しっかりとしたイメージをもってないとダメとばかり思っていたけど、夢がないってのもなかなかいいことなんかなと思った。

    目の前の人を喜ばせ、幸せにすることに、日々を一生懸命過ごすこと、ひとつ上の段階に進むことに全力を注ぐこと、自分がひとつ上の段階にいったなら、少し下にいる人に教えて、一緒に引き上げてやること、そういうことを続けていけば、自分の魅力が増えて、どんな夢でも叶う実力がついてくる。

    自分も人も幸せになる方法を考えて、自己犠牲はしない!

    また、いろんな人から学ぶんじゃなくて、一人から学ぶことで、ぶれずに早く前に進める。

    「大きな夢をもて!」っていう、王道な言葉にも、裏側の真理があるんだなと衝撃を受けた!

  • 良書だと思う。これだけ誰にでも容易にやさしく実践できる(やさしいのにもかかわらず多くの人は実践できないのかもしれないが)教えはないと思う。目の前のことを、心を込めてやっていくだけで、道は開けるというのだから。
    人脈を広げるためにセミナーにいっても無駄で、自分の目の前にいる人を幸せにしたり助けたりすることで縁が開けていくというのは、目から鱗の逆転の発想。

  • 何回この本にしるしをつけてボロボロにしてしまおうとおもったことか。

    本当に何回も繰り返し読み返しても人生を楽しく成功へと向かっていくヒントをもらえること請け合いです。

    一番最初のレクチャー
    「人生の成功の基礎は笑顔、うなずき、天国言葉」

    実際にやってみると、自分の心が楽になったような気がしましたし、できるだけ多くの人にこの本、読んでほしいって思いました。

    成功するってことは人を助けること!

  • また行きたい、また会いたい、また聞きたい 人を幸せにする人は魅力が上がるんだよ 結局のところ男は女に育てられる 人に与えること 魅力とは自信である 最高の人脈とは今日目の前にいる家族、仕事仲間、そしてお客さんである 誰かに喜んでもらった時、人は自分の居場所を見つけることができる 自分も人も幸せになることを考える 夢が持てなかった時は、人の笑顔を追いかければ幸せになれる 

  • 成功はいつもおかげさま

  • (最近みかけないけど)スリムドカンのCMが気持ち悪いという、それだけの理由で一人さんの著書は敬遠してました。
    が、読んでみたら思いがけず元気が出ました。自己啓発本なんだけど、地味な感じが私にあってる。
    最近仕事が大変で鬱々としていたから、いいタイミングで読めたな。

  • 感動の条件よりおもしろかったです☆
    茂兄に親近感湧きました^^
    オーディオブックだったので、最後のまとめだけ繰り返し聞いて忘れないように使用と思いました。

全36件中 1 - 10件を表示

斎藤一人の道は開けるのその他の作品

永松茂久の作品

斎藤一人の道は開けるを本棚に登録しているひと

ツイートする