社長の質問力 ―社員が勝手に動き出す

  • 現代書林
3.08
  • (1)
  • (1)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 35
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774512808

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コンサル会社の社長、トップセールスマンの社長の2人で書かれている本。
    どのように人を育て、組織を作っていくのか、言葉でコミュニケーションの中から生み出すことが、それぞれの質問形式、コメントで構成されている。
    参考になることもあるが、もう少し内容がまとまっているとわかりやすいかも。

  • 将来のことを考えて読んでみました。

    確かに、自分もこういう風に上司に言われたらやる気も

    起きるかも!とか思いました。


  • 目的 自ら考え自発的な行動を促す
    手段 しつもん


    脳には快感が1番良い刺激になる
    良い刺激があれば成長し続ける
    →人を喜ばすことを快感(気持ちいい、嬉しい)にする
    →人を喜ばすことで自分も喜ぶという好循環がうまれる


    人を喜ばす(自己重要感を満たす)には
    →ちょっとした驚き、刺激をもたらす
    →プラスα、工夫が必要
    →努力、欲求を追及
    →!自分も良いサービスを受け、磨く
    !気持ちいい本読む
    !気持ちいい話聞く

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

愛知県出身。早稲田大学商学部卒業後、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院ブランディング実践講座エグゼクティブコースを修め、ハーバードビジネス経営大学院で経営学を学ぶ。2011年から、「信和義塾大學校」を世界各地に開設。
環境、生活、教育、哲学、表現力養成など幅広い分野で講演し、その数は2,900回を超える。
著書は『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』(ダイヤモンド社)や「信和義塾シリーズ」(現代書林)などあり、本書が31冊目。

中野博の作品

ツイートする