夢と希望の人生学

著者 :
制作 : 「元気が出る本」出版部 
  • 現代書林
4.47
  • (11)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774513874

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ドラゴンボールをもとにした、人生訓ということで、軽い自己啓発かと思いきや、めっちゃよかった!(笑)
    人生は天下一武道会、成功ではなく成長が大切、日々の生活を修行にする、人生の仙豆を見つける、武器を磨く、戦闘力を上げる、など。
    ずっとこの話のモチーフになったのはなんなんやろうと思って読んでいましたが、フィクションらしいです。なんでこういう体裁にしたのかはよくわからなかった(笑)
    けど、とにかくいい本。エピソードに乗せた筆者の思いが、すっと入ってきた。何回も読みたい本。

  • 本の中から、
    私のハートにピピッと響いた
    キタガワ先生の言葉を二つ♪

    「まぁ、いずれにせよ、
     まずは出場することなんです。」

    「皆さんは、本番になったらできる、
     と思っているでしょう。
     でも日頃できていないことが、
     本番にできると思いますか?」

    「始まりの機運」を高める本です。

    大学生の方は、ぜひ就職の前に読んで
    いただきたいです♪

    ドラゴンボールを好きな方は、
    かなり盛り上がるかも!

  • ―大学に入学してすぐのあの授業で
     僕は「幸せの見つけ方」を教わった―
    受験勉強を終え、大学一年生となった主人公が出会ったのは、
    「<ドラゴンボール>人生学」という人気漫画『ドラゴンボール』を題材に人生を学ぶという、なんとも斬新で奥深い授業だった。

    一気に読んだ。ストーリー仕立てになっているので、読みやすく、内容が頭に入ってくる。
    ドラゴンボールを通して、生き方、考え方など、授業では学べない、大切なことがたくさん詰まった一冊。
    大学生にとくにおすすめ。 

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

九州大学大学院農学研究院助教。農学博士。1973年、大分県大分市生まれ。
九州大学農学部の教員として、環境経済学の研究と〝学生の人生のhappy″を考える授業を行っている。体験や参加を重視した授業は、学生から高い支持を得て、研究室には、学部、学科を超え、他大学からも多くの学生が集まる。
「子どもの心も育む食育」「人と自分を大切にする食」などをテーマにした講演活動は年間100回を超える。幼稚園での講演や、子育て中のママを対象としたセミナーなどでも人気を博している。また、新聞掲載、テレビ・ラジオ出演など幅広く活躍中。福岡県糸島市在住、2児の父親。


「2016年 『地頭のいい子を育てる食卓の力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤剛史の作品

ツイートする