精神科医が伝えたい 「発達障がい」でもだいじょうぶ!: アスペルガー症候群・ADHD・うつ状態・引きこもり・家庭内暴力

著者 :
  • 現代書林
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774515021

作品紹介・あらすじ

専門医が書いた「発達障がい」との上手なつき合い方。

発達障害を抱えつつ精神科医になった著者だからこそ書けた本。

自らも「発達障がい」を抱えながら精神科医への道を選んだ著者だからこそ書けた本である。

「発達障がい」の特徴を知り、「上手なつき合い方」のコツを学べば、自分もまわりも幸せな人生をおくることができる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 集団認知行動療法やSSTが過大評価されてる気がする。
    集団認知行動療法をはじめとしたグループ療法は、自分を客観視出来る人にしか効果無いでしょ。SSTだって周囲の人間や相手が常識的で善人で「話せば分かる」人間であることを前提として作られたとしか思えない訓練方法だから、正論や綺麗事で解決出来ない場面ではあまり役に立たないのでは。

  • 自らも発達障害という精神科医が軽い発達障害の人の事例を紹介している。後半は米ぬかが良いとか、呼吸法がどうだとか書いてあったので流し読む。
    発達障害の人や子どもが社会生活に障害を感じるかどうかは周囲の関わり方が大きいと改めて感じた。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

名古屋市立大学医学部卒業後、名古屋市立大学病院第3内科に入局。
名古屋市立大学医学部第二生理学教室助手として大脳生理学を研究。同大学退職後、豊明保健所長、西尾保健所長、愛知県衛生部環境衛生課主幹を歴任。
2000年より日本赤十字愛知短期大学、日本赤十字豊田看護大学教授に就任し、同時に精神科病院の非常勤講師を兼任。2006年9月に愛知県みよし市にて、はしたにクリニックを開院。
日本心身医学学会、日本小児心身医学会、日本思春期学会、日本児童青年精神学会、うつ病リワーク研究会所属。

はしたにクリニック
http://www11.ocn.ne.jp/~hasitani/index.html

精神科医が伝えたい 「発達障がい」でもだいじょうぶ!: アスペルガー症候群・ADHD・うつ状態・引きこもり・家庭内暴力を本棚に登録しているひと

ツイートする