女子プロ野球クライシス 創設者、10年目の告白

著者 :
  • 現代書林
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774518459

作品紹介・あらすじ

100億円投資の結末は、
選手の半分以上、36名の一斉退団だった。

世間に、選手たちに
この熱い想いは届くのか?

ノウハウ0からスタートし、
手探りで歩み続けた女子プロ野球の10年と、
未来にかける思いを創設者自らが告白する。


2007年8月。兵庫県丹波市。
祖母の墓参りに行っていた私は、偶然野球の場内アナウンスを耳にし
生まれてはじめて女子野球を観て、衝撃を受けました。
試合後、号泣する女の子たちの、涙の理由を知りました。
その涙を、止めてあげたい。
環境により野球を諦めなくてはならない、その悲しさを、なくしたい。
夢を見られる「プロ」という世界で、彼女たちが何の不安もなく野球を続けられるようにしてあげたい。
私は、そのために走り続けているのです。

?エピローグより?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 女子プロ野球を立ち上げた創設者の本
    去年36人が一斉に退団した理由とか
    あとは立ち上げからの10年どんなことがあって
    今に至るのかを記してある
    100億円使った企業、わかさ生活の社長。
    週刊文春に色んなことを書かれてバッシングがあったりとか
    創立者の健康のこと、選手の年俸や仕事のこと
    試合場所からなにからなにまで。
    とてもわかりやすい文章でサクサク読めた
    で、最後まで読んだんだけどなんかモヤモヤが残った。
    まぁ興味ある人は読んでみても良いのでは。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

一般社団法人 日本女子プロ野球機構 名誉理事

株式会社わかさ生活 代表取締役社長



1961年、兵庫県丹波市出身。
幼少時の事故が原因で18歳で脳腫瘍の大手術を受け、一命はとりとめたものの視野を失う。
その後、「自分のように目で困っている人を助けたい」という想いから1998年に株式会社 わかさ生活を創業。
主力商品のブルーベリーアイは全国330万家族に愛飲されている。
盲導犬育成支援、児童養護施設支援、震災被災地支援など、さまざまな社会貢献を行う。
2007年、女子硬式野球との出会いから、彼女たちの夢を応援することを決意。
2009年、女子プロ野球リーグを設立。
2019年、11年目の存続を発表。
女子硬式野球の普及のため積極的に活動。
2006年、紺綬褒章受章、2013年、東久邇宮文化褒賞受賞。

「2020年 『女子プロ野球クライシス 創設者、10年目の告白』 で使われていた紹介文から引用しています。」

角谷建耀知の作品

女子プロ野球クライシス 創設者、10年目の告白を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×