なかよしきょうだいトリケとトリプ (きょうりゅうだいすき!)

制作 : 冨田 幸光  伊東 章夫 
  • 教育画劇
3.17
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774604541

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表題やイラストからしてガッカリなことは分かっていたけれど、恐竜好きの長男がどうしてもというので借りて読んでしまった本。繰り返して読むのが苦痛なほどひどい日本語と絵。結末も不可解。図鑑読まされた方が楽しいなぁ。

  • 保育園の本棚にある恐竜の図鑑を毎日まいにち眺めている男の子が増えてきたので・・・

    3歳児クラスで最初に読んだ恐竜絵本。
    主役はトリケラトプスの兄弟ですがいろんな恐竜がでてきます。
    赤ちゃんで失礼なことをついつい言っちゃう弟トリプのかわりに
    謝ってまわる優しいお兄ちゃんのトリケ。
    そんな弟が草のつるにからまってしまって・・・

    助けをもとめると、パラサウロロフス、パキケファロサウルス、
    アンキロサウルス、カスモサウルスのみんなが助けに来てくれます。
    それぞれの恐竜の生体の特徴をストーリーや文章に盛り込んであります。

    図鑑と絵本を照らし合わせながら「いっしょだ」と嬉しそうに
    みています。

  • チビ1号。幼稚園にて。
    なかよしのきょうりゅうの兄弟のお話で、とても面白く読みました。いろんな種類の恐竜が出てくるのも面白かったようです。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

■こわせたまみ(コワセ・タマミ)/埼玉県生まれ。早稲田大学卒業。童謡・歌曲・合唱曲や絵本をつくる。絵本に『そばのはなさいたひ』(1986年エルバ賞受賞 佼成出版社)のほか、『うらしまたろう』『はなさかじいさん』(以上、鈴木出版)など、昔話の再話も多い。

こわせたまみの作品

ツイートする