たなばたものがたり (行事の由来えほん)

著者 :
制作 : 二俣 英五郎 
  • 教育画劇
3.44
  • (3)
  • (9)
  • (19)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :86
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774605005

作品紹介・あらすじ

この絵本のお話は、中国で生まれた伝説です。七夕は、日本の「棚機女」という行事に、織女星と牽牛星の伝説、そして中国から伝わった「乞巧奠」という行事があわさったものといわれています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 七夕の絵本を探していて出会った作品。七夕は男女それぞれの名前と年に一度しか会えないことしか知らなかった。恋した二人が仕事をサボり続けたことで引き離されるが、真面目に仕事をすれば年に一度会えるようにと天帝が配慮したんですね。というより、天帝は自分がみすぼらしい衣しか着られないことに耐えられなかった(笑)勉強になりました。二俣英五郎さんの絵はやっぱり可愛い!題字といい、色使いといい、じっくり見ていたくなる。『とりかえっこ』といくつかの作品読んだだけなので、おっかけてみるのも良いかも。

  • クラシカルな七夕のお話。
    由来を教えてあげるのによさそう。
    絵も繊細できれいで、読み聞かせにちょうどいい文字量。

  • 七夕さまに、読み聞かせました。
    行事は大切にしたいですね。

  • 1年1組 2013/7/2
    4年2組 2013/6/25

  • 2013.6.26 6-4

  • 【絵本】たなばたものがたり 二俣 英五郎 絵。読み聞かせにおすすめ。5才から・7分・20人・たなばた・

  • H24年7月 1-3

  • 七夕は色んな風習が重なっていまに至るのか。
    絵本を読む限り…ただのバカップルぢゃないか?と思う私はひねくれてる?

  • 七夕を分かりやすい話で。

    でも天帝とか織姫の服装が文章にあってないのが気になった。

  • 七夕に関する由来のうち、中国伝来のお話。

全17件中 1 - 10件を表示

舟崎克彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
かがくい ひろし
トミー=アンゲラ...
くすのき しげの...
マージェリー カ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする