さびしいはさびしくない (みんなのえほん)

著者 :
制作 : 田頭 よしたか 
  • 教育画劇
3.50
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774605159

作品紹介・あらすじ

「タヌキさんはともだちがほしくないの?」「ああ、ともだちなんかほしくない」「それで、さびしくはないの?」「さびしくなんかない!」さびしくなんかない!さびしくなんかない!さびしくなんかない!…でも、ほんとうは…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いじめられっこのたぬきをうさぎとクマがからかいつつも仲間にする。
    たぬきは素直になれないけれど、気持ちはその反対。
    「なかよししよかな」は回文、呪文。
    自転車で遊んで、太鼓を教えてもらう。

    クマやうさぎの表情がおじさんっぽい…。

  • 「タヌキさんはともだちがほしくないの?」「ああ、ともだちなんかほしくない」素直になれないタヌキ。クマとウサギは友だちになろうといろいろとやってみるんだけど・・・気持ちのいいお話。道徳系??

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

福岡県生まれ。詩人、児童文学作家、絵詞作家。
絵本『さかさまライオン』(童心社)で絵本日本賞、『うそつきのつき』(文溪堂)で
小学館児童出版文化賞、『ふしぎの森のヤーヤー』金の星社)で産経児童出版文化賞受賞。
『がたごとがたごと』(童心社)、『すやすやタヌキがねていたら』『ともだちできたよ』(共に文研出版)、『くじらさんのーたーめならえんやこーら』(鈴木出版)で日本絵本賞受賞。
少年詩集に『たぬきのたまご』(銀の鈴社)、『きんぎょのきんぎょ』(理論社)、「しっぽとおっぽ」岩崎書店。「ぼくたちはなく」(PHP研究所)で三越左千夫少年詩賞を受賞。「おれたちともだち」シリーズはロングセラーになっている。第55回児童文化功労賞受賞。
第39回巌谷小波文芸賞受賞。日本児童文学者協会理事長。

「2018年 『うまはかける』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田麟太郎の作品

ツイートする