妖精の森へ―魔法少女マリリン〈4〉 (教育画劇の創作文学)

著者 :
制作 : 佐竹 美保 
  • 教育画劇
4.00
  • (9)
  • (7)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :64
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774605371

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 祖父であるエルフの王に会いに行く旅。
    マリリンの旅が順調ではないと予想していたけれど、なんて過酷な旅なのだろう。
    みんなを思う故に苦しむマリリンが痛々しくて。でも、だからこそ、会ったばかりの者も力を貸してくれる。町の門を開けるよう見知らぬ人さえ怒ってくれる。熱く込み上げる涙が止まらなかった。
    光の女神はなんて慈愛に満ちた存在なのだろう。
    マリリンたちが力を合わせて巨大な敵に向かっていく姿が目に浮かぶ。

  • 世界にかかわる大きな問題に巻き込まれていくマリリン。
    続編があるような気に掛かる終わり方です。
    良い方向に想像して、みんなの幸せを願ってます。

  • ちょっとルルーっぽくなった気がした。
    さすが妖精の森、なんでもありの冒険が繰り広げられます。

全3件中 1 - 3件を表示

村山早紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
上橋 菜穂子
有川 浩
荻原 規子
上橋 菜穂子
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

妖精の森へ―魔法少女マリリン〈4〉 (教育画劇の創作文学)に関連する談話室の質問

妖精の森へ―魔法少女マリリン〈4〉 (教育画劇の創作文学)はこんな本です

ツイートする