わたしがふたり (わくわくBOOKS)

著者 :
  • 教育画劇
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (60ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774605531

作品紹介・あらすじ

すきなものも、話したいことも同じ。わたしと、そっくりな友だちがいれば、きっと楽しいだろうなぁ。そう思うとびっくりするほどそっくりな転校生がやって来た。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自分とそっくりの転校生と友達になります。
    でも似ているけど違うんだってわかって成長する姿がほほえましいです。

  • 自分が二人いたらどうだろう。
    双子の兄弟がいたら。

    なんてことをその昔考えたことを思い出した(笑)。


    幼かった頃の、小さいけれどそれでも色々考えたり感じた心が伝わってくる。
    あー、わかるわかるって感じ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1962年、東京都に生まれる。児童文学作家。「四年一組石川一家」シリーズで作家としてデビュー。おもな作品に『レイナ』『ふしぎなおるすばん』『転校 ?なずなの場合?』『教室 ?6年1組がこわれた日?』「あおぞらえん」シリーズ、「忍者KIDS」シリーズ(以上、いずれもポプラ社)、『わたしがふたり』(教育画劇)、『ぼくとママのたからもの』「ラブ偏差値」シリーズ(いずれも金の星社)など多数。

「2019年 『妖精のカレーパン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斉藤栄美の作品

ツイートする
×