セミくんいよいよこんやです

著者 :
  • 教育画劇
3.83
  • (37)
  • (55)
  • (55)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 442
レビュー : 63
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774606255

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • セミの幼虫セミくんが、成虫となる日を描いた絵本。土の中の快適ライフや、仲間の虫たちがセミくんのためにお祝いパーティをするところが微笑ましい。
    実際のセミは地上では1ヶ月程度しか生きられないが、みんなから愛され、セミくん自身も人生を謳歌していて、読んでいて心が温まる。

  • セミがもうすぐ羽化するまでをうきうきと書いている。

  • 3歳4ヵ月
    すんなり受け入れる息子と、
    この妄想力に
    ひそかに衝撃を受ける大人。
    負けてられませんね。
    もっとこんな妄想力をつけなくては。

  • きのこのスタンドライトいいなー。

  • 4歳

  • 成虫になることを、こんなに祝って貰えるなんて、セミくんは幸せ者だなあ。

  • **********
    「夏」に。

  • 工藤ノリコ 著「セミくん いよいよ こんやです」、2004.6発行。長い地下生活のセミくんが今夜地上に出るとの連絡を受け、森の仲間たちはお祝いの準備に大忙し。カブトムシは力仕事、鈴虫は演奏準備、ミツバチは美味しい蜜を、青虫はキャベツのサラダを、蛍はシンクロで光る準備を! みんなの歓迎をセミくんは大喜び、嬉しそうに羽ばたきました(^-^)

  • 2013.07.09読了

  • 3:5

全63件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

工藤ノリコ(くどう のりこ)
1970年、神奈川県生まれ。絵本作家・漫画家。旅をするのがだいすき。絵本に「ぺんぎんきょうだい」シリーズ(ブロンズ新社)、「ノラネコぐんだん」シリーズ(白泉社)、「ピヨピヨ」シリーズ(佼成出版社)、「センシュちゃんとウオットちゃん」シリーズ(小学館)、『ジャングルの王さま』(偕成社)、読み物に「マルガリータ」シリーズ(あかね書房)などがある。

工藤ノリコの作品

セミくんいよいよこんやですを本棚に登録しているひと

ツイートする