はたらくくるま みちをつくる

  • 教育画劇
3.85
  • (9)
  • (10)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 100
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774607214

作品紹介・あらすじ

おいらはブルドーザー。さぁしごとをはじめるぞ。グォングォンブルブルブルル。精緻、迫力のイラストではたらく車が大活躍!よこに、うえに、したにおおきくひろがるのりもの絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2歳8ヶ月の息子の琴線に悉く触れまくるこもり先生の絵本。折り込みページが横だけでなく、上や下にも開くようになっていて、その都度紹介される工事車輌の特徴を存分に引き出している。
    息子は「せーのっ!」と言いながら次々折り込みを開き、何度も「すごい!」を連発。一ページ一ページ、丹念に見入っては陽気に擬音を真似ていた。他の方の働く車の絵本も今までに数冊借りているが、これは過去最高のリアクション。好みの絵本に出会えてよかったね。
    不意の問いかけがあるから、重機の名前と形があやふやな自分はなかなか気が抜けないw

  • 絵が素敵。モーターグレーダーがでてくるところもよい。
    見開きがパターンがこどもには難しい。
    C8793

    再読2歳5ヶ月

  • メカの描きこみが物凄く細部まで凝っているのに、樹木の描写があまりにもおざなりてす。著者は工事機械には愛着が強そうですが、その機械が壊す自然には、あまり興味がなさそうです。
    ちょっとその点が残念です。

  • 各見開きのページがおもしろく、動きのある絵本♪

  • 工事の車がちょっとしたしかけ絵本になってて、かなりのお気に入り。
    車体に番号が書いてあるところも気に入っている様子。

  •  はたらくくるまの本。この車がこういうふうに動いて、こういう仕事をするというのが、ページを広げると分かる。ページを広げてみると…という形になっている本って、それだけで何だか楽しくなるのはどうしてだろう!?

  • リアルな絵で、しかけもあってはたらくくるまの魅力ばっちり。
    絵本カテゴリに入れましたが、1年生国語の「じどうしゃくらべ」の参考図書にも。(i44)

  • こもりまことさんの丁寧な絵に紙質がマッチして、雰囲気ある絵本に仕上がっています。それぞれの重機に合わせた仕掛けページが楽しいです。

  • 2010.10月下旬 2回目 市立図書館 息子(2歳1ヶ月)

    1回目に借りたときにも、息子はすごい食いつきでした。
    今回はさらに、「車大好き」度がパワーアップしてるので、
    何度も何度も読みたがります。

    ブルドーザーやクレーン車、ダンプトラック、ショベルカーなどの名前も言えるようになりました。

  • パパセレクト。

全15件中 1 - 10件を表示

プロフィール

絵本作家

こもりまことの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかの ひろたか
モーリス・センダ...
竹下 文子
A.トルストイ
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする