かえるのじいさまとあめんぼおはな

著者 :
制作 : 松成 真理子 
  • 教育画劇
3.71
  • (4)
  • (5)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (34ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774610917

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 研修で知り、借りてよんだ。

    かえるのじいさまは、反射的にあめんぼ夫婦を食べた。
    その娘おはなが、かえるのじいさまに会いに来て……。

    正直なところ、よくわからない。
    「そんなつもりじゃなかった」な感じだけれど、妙な優しさもあったりして。
    みずのわっか・あめのはな は、きれいだと思った。

  • 梅雨の季節の読み語りに。
    昼間イナゴを食べたついでにうっかりあめんぼ夫婦を食べてしまったかえるのじいさまのところへ、そのあめんぼの娘がとうさん、かあさんに会わせてとやってくるところから話は始まります。
    これはかえるのじいさまも困っただろうよね。口のまわりウロウロされたら食べちゃうよね。かえるだもの。仕方がないよ。
    でも、じいさま、ああ、めんどうなことになったわい、と言いながらも、この娘を食べてはいけないと前足で口をふさぎながら話をきいてやります。
    じいさまと娘のやりとりがおもしろい。絵もとても雰囲気にあっていました。

  • 平成23年5月12日 4年生。

  • 3〜高学年向き

  • 2011年11月12日

  • かえるのじいさまがおはなの家族を食べちゃったところが悲しい。

  • (2009-06-28)

  • ★図書館

  • 季節の本(=カエル)。6月の「これ読もっ!!」で紹介。あめんぼを食べてしまったかえるのじいさまと、親を食べられてしまったあめんぼおはなの話。借りようと思ったら貸出中だったので、ただいま待機中!!楽しみ♪…にしてたら、新聞の書評に載ってた。ますます楽しみ♪

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

山形県上山市出身。『かえるのじいさまとあめんぼおはな』(教育画劇)で第19回ひろすけ童話賞受賞。著書『パンダのたぷたぷと十二支のはじまり』(Jリサーチ出版)、『子どもとたのしむ はじめてのえいごえほん にほんのおはなし1・3/せかいのおはなし2』(くもん出版)。http://miyamasakura.com

「2017年 『ミニ版CD付 ピーターパンとウェンディ ∼Peter and Wendy∼』 で使われていた紹介文から引用しています。」

深山さくらの作品

ツイートする