チョコレータひめ

  • 教育画劇
3.45
  • (5)
  • (13)
  • (16)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 101
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774611020

作品紹介・あらすじ

あまいおかしの大好きなおひめさまがいました。なまえをチョコレータルトタタンババロアクッキーゼリーケーキマカロンマドレーヌプリンパフェキャラメルキャンディーアイスクリームといいましたが、ながいのでチョコレータひめとよばれていました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ずっと前から欲しくて探してた1冊、やっと見付けて嬉しかったです。絵もお話も可愛くて凄く好みな1冊でした。未だに、本物のお菓子の家に入ってみたいなぁなんて夢見てる私です。でもこのお姫様みたいに、触った物も人も全てお菓子に変わってしまうのは困っちゃいますよね

  • おかしがだいすきなおひめさまのおはなし。おいしそうだけどおかしいとおもった。(87)

  • 図書館

  • なんて魅惑的なお菓子のおとぎ話なんだろうと、読むたびあたらしい感動が生まれます。
    ふれたすべてのものをチョコレートにかえてしまう魔法、
    うらやましくもあり、実際現実にあったらこの上なく迷惑なものでしょう笑。
    そこを悲しく美しい愛の物語にまとめる作者もとしたさんのお話のもっていきかたがすごく好きです。
    そして挿絵の素晴らしさが何よりの魅力です。彩り豊かなお菓子があふれるほど描かれていて、イラストのお菓子を思わず指で触ってなめてしまいたくなります。

  • [墨田区図書館]

    もうすぐバレンタイン、のこの時期だから設けられたお菓子話コーナーにあった一冊。女の子の好きな、お姫様、甘いもの、そして恋。きっとカカオについての知識話がちょっとしたスパイスのあまい恋話。

  • 印象的なイラストとおいしそうなスイーツたちが素敵。
    小学1年生とページごとに読み聞かせしあう。
    2回に分けて読んだけれど、スイーツに興味津々の子供は
    とても楽しんで読んでいました。
    子どもと楽しめたので、★は3こ。

  • チョコレータ、カカオ、パック

    パックは、人?ウサギ?

  • ページをめくるたびに、甘い香りが漂ってきて、部屋中がとろけそう。

  • ちょっとアンニュイな表情のイラストから飛び出すのは誰もが一度は夢見た世界。
    手に触れるもの全てを、甘くて綺麗な上質なお菓子に変えてしまうという能力を手に入れたお姫様は、ふとした拍子に愛する人までもをお菓子に変えてしまいます。。。
    子供の頃に、こんな事できたらいいな〜っと思っていた夢がレトロなイラストで表現されています。
    ちょっと長すぎて、説明的だったので途中で勢いが落ちてしまいましたが、イラストと設定が好みでした☆

  • 可愛い!なんといっても、魅力的なお菓子たち♥
    元ネタは「金の指」でしょうね。
    金ではなくお菓子になってるところがエグくなくて、いいです。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

絵本・童話作家。『どうぶつゆうびん』(あべ弘士・絵 講談社)で2005年に産経児童出版文化賞ニッポン放送賞、『ふってきました』(石井聖岳・絵 講談社)で2007年に日本絵本賞、2008年に講談社出版文化賞絵本賞を受賞。絵本に「すっぽんぽんのすけ」シリーズ(荒井良二・絵 鈴木出版)『おむかえまだかな』(おかだちあき・絵 学研)、童話に「おばけのバケロン」シリーズ(つじむらあゆこ・絵 ポプラ社)『うめちゃんとたらこちゃん』(田中六大・絵 講談社)などがある。東京都在住。

「2019年 『ないしょのオリンピック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

もとしたいづみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マージェリィ・W...
長谷川 義史
モーリス・センダ...
ヨシタケシンスケ
エリサ クレヴェ...
かがくい ひろし
tupera t...
トミー=アンゲラ...
ジョン・クラッセ...
蜂飼 耳
ゼバスティアン ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×