たのしいたてもの

著者 :
  • 教育画劇
4.15
  • (30)
  • (16)
  • (20)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 172
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774611044

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • M学校図書。
    つくりかけのたてもの。誰も住まないまま放ったらかし。
    ある日、建築家の男の人がやってきて「まかせて おきなさい」。
    そして大きな看板を作りました。
    「じぶんで へやを つくりたい ひとが ここに すめます」

    次から次へとやってくるこだわりの皆さんのこだわりの部屋。
    賑やかでバラエティに富んでる部屋たち。じっくりみたくなる。
    「みて!このピエロの家すごいよね。この釘落としちゃってるのが面白い。」M7

  • 2014.01.14読了

  • 4歳1ヶ月男児。
    時計職人さんや花屋さんなど、いろんな専門家が集まって、いろんな部屋を作っていくお話。絵が細かくて、ワクワクする。

  • さすがあおやまさん。人が住む空間を絵本にしてくれます。

  • 放ったらかしだった殺風景なマンションが、どんどん賑やかに、楽しくデコレーションされていくのがワクワクした。

  • 小1長女楽しめた

  • いろんな夢が詰まった建物の断面にわくわくしてしまう。父親の仕事に通じるから、息子がもう少し成長したら読ませたいな。

  • 先日、実際にこれと似たようなマンションのことをテレビで紹介していました。

  • 自分の好きな部屋をつくろう。
    共有部分はみんなでつくろう。
    みんなで作っていたら
    コミュニケーションがとれたおかげか
    それぞれの部屋も少し変わってきた。


    でも私は個性の強い最初の部屋のほうが好き。
    お互いの趣味が融合された部屋は華やかでたのしそうたけど、平凡。

  • パッと読んだ時、楽しかったが、持っておきたいほどではない。
    絵が細かいので、3歳の息子は色々なものを探していた。
    建築家さん目線な絵本。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

絵本作家・イラストレーター

「2019年 『超入門! ニッポンのまちのしくみ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青山邦彦の作品

ツイートする