ハルコネコ

  • 教育画劇
3.26
  • (2)
  • (3)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774611105

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いつもお母さんに怒られてばかりのハルコちゃんがネコになってしまう⁈

  • 以前宿泊した福山・鞆の浦のホテルにあった絵本。次女の名前つながりもあって購入。最後は母親の力に唸る内容です。

  • 色合いがとても素敵で大人も楽しめました。
    2歳4ヶ月娘、ハルコ猫が沢山書かれているページでは「ここもネコ!ここもネコ!あ!うんちー!」と反応は上々。
    でもハルコに共感出来るレベルでは(当然ですが)無いです。
    小学生くらいになったら、また楽しめると思います。

  • おねえちゃんモノ。
    タイトルは「ん?」と思うけど、子供の気持ちはよくわかる。

  • ママは分かってくれた。

  • ハルコちゃんよかったね☆

  • 図書館にてチビ1号

  • ★図書館

  • お母さんにしかられたハルコ。
    ノラネコのクロに連れられて、藪の中に。
    そこは、ネコの世界。
    食べるとネコになってしまうネコドーナツを食べて、ハルコはねこになってしまいます。
    ネコを楽しむハルコですが・・・。

    怒られてネコになりたい!なんて思うハルコ。
    だけど、やっぱりちょっと寂しくなります。
    そして、優しいお母さん。
    最後はにっこり微笑んでしまうあたたかな絵本です。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

絵本の仕事に『パパとぼく』『夏平くん』(以上、絵本館)、『ハルネコ』(教育画劇)、『ぼんちゃんのぼんやすみ』(講談社)、なにわっこ落語絵本『からあげ』(アリス館)などがある。趣味の落語が高じて、自宅を寄席小屋に改造した「ツギハギ荘」の席亭も務める。

「2017年 『七福神の大阪ツアー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あおきひろえの作品

ツイートする