ねこがおしえてくれたよ

制作 : 久本 直子 
  • 教育画劇
3.88
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784774611723

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 亡くなったおじいちゃんが猫に姿を変えて孫に会いに来てくれた話。優しい気持ちになれました。

  • 子供に読み聞かせていたら中学生の時に亡くなった祖父の事を思い出して泣いてしまいました。切ないけど温まるお話です。絵も柔らかくてお話に合っていました。

  • 大好きだった祖父を亡くし夏休みを迎えた少年が出会った不思議なねこ。
    おそらく少年にしか見えていないのだろう。
    祖父と同じように遊んだり命の大切さを教わったりして一緒の夏を過ごす。

    短い夏の終わりと共に、ねことの別れを迎えたのと入れ替わって
    少年の心は確実に成長していたと思う。

    此岸に残された側は喪失感を乗り越える試練を耐えなくては、と
    分かっていても少し身につまされる内容だった。
    絵の可愛らしさに救われる。

  • お盆用?

  • 死生観を。

  • 2011年5月29日

    装丁・本文デザイン/横須賀拓

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

日本文藝家協会、日本児童文芸家協会会員。新聞記者のかたわら児童書を書き始め、現在フリー。著書『盗まれたあした』『さとるくんの怪物』(小峰書店)、「絶品らーめん魔神亭」シリーズ(ポプラ社)ほか多数。

たからしげるの作品

ツイートする