ケンちゃんちにきたサケ

  • 教育画劇
3.20
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784774612614

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 故郷の川へ戻る途中のサケが何故かケンちゃん家のお風呂の排水溝から出てくる。
    ケンちゃんはサケを川へ運ぼうとするけれど、お母さんや魚屋、犬がサケを食べようと追っ掛けてくる。
    更に猫たちも…。
    最後は無事、追求を逃れて川へサケを逃すことに成功。

    サケの語尾が「~さけ」というのはかわいかった。
    散々陸にして、しかも普通の川に逃すだけでいいのか、という突っ込みは置いておいても、お母さんがサケをちょうだい、と言ったり、魚屋が譲ってと追いかけてくるのが、悪役っぽく描かれていて好きになれなかった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

武蔵野美術短期大学生活デザイン学科卒業。デザイナーを経て、フリーイラストレーターに。2004年「第5回ピンポイント絵画コンペ」優秀賞受賞。日本児童出版美術家連盟会員。著書に『ケンちゃんちにきたサケ』(教育画劇 2012)、『ふしぎ村のパールちゃんシリーズ』(童心社、2009~)、『あやかし草子』(日本標準、2011)など多数。

「2014年 『ぬくぬく げんき ぼくの たいおん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

タカタ・カヲリの作品

ケンちゃんちにきたサケを本棚に登録しているひと

ツイートする