もりのだるまさんかぞく

著者 :
  • 教育画劇
3.67
  • (4)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 50
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774612621

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 978-4-7746-1262-1 33p 2012・9・15 初版

  • 癒されました。

  • 森に引っ越してきただるまさん家族のちょっと風変わりな家を紹介。

    椅子の真ん中が凹んでいたり、お風呂の浴槽の中に掴むところがあったり、寝相が悪いので寝室はすり鉢状になっているとか。

    一番面白いのは、洗面所には筆と墨がある。
    顔を洗うと目が落ちてしまうので、毎日描き換えているのだとか。

    思ったより面白かった。

  •  だるまさんのおうちのなかは、だるまさんのための家具がいっぱい。 なんでこんな形? なんでこんなものが? そんな疑問も「あぁ、だからか! ふふっ」と納得。でもなんだか笑っちゃう。

  • [墨田区図書館]

    久しぶりに主人が読み聞かせてくれました。とぼけた風合いの絵柄がかわいらしい一冊です。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1971年、神奈川県生まれ。イラストレーター、絵本作家。
大学で日本画を学ぶ。文具デザインの仕事を経て、書籍の挿画や、絵本創作に携わる。『くまくまちゃん』で絵本作家としてデビュー。作品に『くまくまちゃんのいえ』『ねこのことわざえほん』『りすでんわ』『くまのこのとしこし』『くまのクリスマス』『もりのだるまさんかぞく』など、絵を手がけた本に『盆まねき』(富安陽子・作)『月夜とめがね』(小川未明・作)などがある。

「2018年 『トコトコバス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋和枝の作品

ツイートする