ココとおおきなおおきなおなべ

制作 : おざき えみ 
  • 教育画劇
2.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784774612645

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お鍋たちキッチン用品が、夜になると空を飛んで気分転換するお話。
    ココがすっぽり入っちゃうくらい大きなお鍋が、まず素敵だ。
    絵柄が、とても可愛くて、女の子にはウケそう。

  • ココの家の大きなおなべ。
    あるとき、ここがおなべの中に入って眠ってしまうと、気が付くとおなべは空を飛んでいた。
    空を飛んで、リフレッシュすることで、またおいしい料理が作れるのだとか。
    他の家の台所道具たち、ヤカン、スプーン、フォーク、ナイフたちもやってきてみんな空で遊んで帰ってゆく。

    スプーンたちが雲の中を通って体を磨くというのは面白い。

  • ロップの挿絵の人がつくった絵本、ということで読んでみた。
    こがしわかおり文、絵は他の人だった。
    絵を描く人がつくる絵本は自分で絵を描くもんだと思い込んでいたのでちょっとびっくり。

    ずっと昔からおうちで使われている大きなおなべに入って眠っちゃったら、その鍋は夜になると空を飛んで遊びに行ってましたというおはなし。
    「いかにも絵本っぽい設定でいかにも絵本っぽい感じのおはなしを作ってみました」という印象が「りんごのなかのビリー」に似ている。
    スープ鍋の必要はあるのか?とか、ていねいに洗ってもらっている設定なのに空を飛んで煤をおとすとか、つくりの適当さが気に入らない。
    萌え漫画みたいな口調も絵本には不釣り合い。

    どこかで見たような絵も同じく、いかにもそれっぽく描きましたという印象で、文に釣り合ってるといえば釣り合ってる。
    ヨーロッパの昔話みたいな舞台設定のわりには、台所用品たちの場面に和包丁やまないたやしゃもじが描かれていたり、鍋ややかんがものすごく使いにくそうだったり、夜明けまでに帰らなきゃといっているのに帰り着いた家にはすでに洗濯物が干されていたりする。

    はじからはじまで雰囲気だけしかない。
    かわいいっちゃかわいいんだけど。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

埼玉県生まれ。児童書を中心に幅広く活躍中。作・絵に『ツツミマスさんと3つのおくりもの』(小峰書店)、絵に『ロップのふしぎな髪かざり』(講談社)『チキン!』(文研出版)『料理しなんしょ』(偕成社)、装丁に「すみれちゃん」シリーズ(偕成社)など多数。

「2018年 『魔女のレッスンはじめます』 で使われていた紹介文から引用しています。」

こがしわかおりの作品

ツイートする