そよかぜさん

  • 教育画劇
3.20
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774613741

作品紹介・あらすじ

こぶたちゃんがせんたくものをほしていると、そよそよさわさわ…ひゅるるるるる〜ん!ひろがるしかけがたのしい、『おほしさま』『おひさまとかくれんぼ』につづくシリーズ第3作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 動物達の行動が可愛い。
    熊が外見に似合わず怖がりで微笑ましいです。
    この人の他の本は太陽が喋っていたので今回も風が喋べると思いながら読んだのに残念です。
    喋って欲しかったです。

  • こぶたちゃんが洗濯物を干していると、そよ風が吹いてブラウスが飛んでいく。
    追い掛けている途中できつねちゃんに出会う。
    そよ風が吹いてきつねの帽子が飛んでいく。
    こぶたちゃんときつねちゃんが追い掛けているとうさぎちゃんに出会う。
    そよ風が吹いてうさぎちゃんの手紙が飛んでいく。
    こぶたちゃんときつねちゃんとうさぎちゃんが追い掛けているとくまくんに出会う。
    こぶたちゃんときつねちゃんとうさぎちゃんとくまくんが追い掛けているとねずみくんに出会う。
    そよ風が吹いてねずみくんが飛ばされる。
    みんなで追いかけると大きなみんな木に引っ掛かっていた。
    ねずみくんは降りられないでいる。
    また風が吹いてみんな落ちてくる。
    こぶたちゃんはブラウスを、きつねちゃんは帽子を、うさぎちゃんは手紙を、くまくんはねずみくんをキャッチ。
    そよかぜさんはみんなと遊びたいだけだったようだ。

    ねずみくんがどうなることかと思ったけれど、くまくんがいて一安心。

    大きな木にみんなのものが引っ掛かるけれど、最初は上の方は見えなくて、ページを縦に開くと全体が見える仕掛けのページになっている。

    シリーズ3冊目になっていて、登場する動物もお馴染みになってきた。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

石川県金沢市出身。大阪芸術大学デザイン学科視覚情報デザインコース卒。大阪芸術大学文藝学科客員准教授。絵本をはじめ、イラストレーション、映像、玩具、雑貨、クラフトなど様々なジャンルで「子ども」をテーマに想像性豊かでユーモラスな世界を繰り広げ遊び心をもった作品を発表し続けている。著書の絵本に『アニーのちいさな汽車』(学研)、『ことりのゆうえんち』『ゆきのはな』(PHP研究所)『おほしさま』(教育画劇)『はだかの王様』『てぶくろ』『3びきのくま』(ブロンズ新社)など他多数。DVDに脚本・監督・イラストを手がけたアニメーション「つづきのおはなし」(クリエイティブ・コア)がある。子どものマルチメディアを企画制作するレーベル 「colobockle(コロボックル)」を主宰。

たちもとみちこの作品

ツイートする